• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策 > 肝炎対策の推進について > 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業における指定医療機関について

ここから本文です。

更新日:2019年1月15日

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業における指定医療機関について

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業では、知事の指定を受けた医療機関(指定医療機関)での入院医療に限り、医療費助成の対象となります。また、臨床調査個人票の作成や入院記録票の記載を行うことができるのも指定医療機関に限られます。

医療機関が「指定医療機関」の指定を受けるためには、知事に対して申請の手続きが必要です。(→指定医療機関の申請手続き

(指定医療機関の指定状況)

石川県から指定を受けている指定医療機関は以下のとおりです。

全国の指定医療機関は、肝炎情報センターが運営する「肝炎医療ナビゲーションシステム(外部リンク)」で公表されています。

指定医療機関の要件

  • 肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うことができること。         
  • 本事業の実施に協力することができる保険医療機関であること。

指定医療機関の役割

  • 肝がん・重度肝硬変患者がいる場合、本事業についての説明および入院記録票の交付を行うこと。
  • 入院記録票の記載を行うこと。
  • 患者から依頼があった場合には、肝がん・重度肝硬変入院医療に従事している医師に個人票等を作成させ、交付すること。
  • 公費の対象となる医療が行われた場合には、公費負担医療の請求機関として公費の請求を行うこと。
  • その他、指定医療機関として事業に必要な対応に協力すること。

 指定医療機関に入院している肝がん・重度肝硬変の患者さんへの対応

患者さんへの対応の詳細については、下記のマニュアル・資料集をご覧ください。

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業取扱いマニュアル(医療機関向け)(Ver1.00)(PDF:1,654KB)

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業取扱いマニュアル(医療機関向け)【資料集】(Ver1.00)(PDF:1,493KB)

入院記録票の交付・記載

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票(入院記録票)とは、肝がん・重度肝硬変の患者さんが指定医療機関において肝がん・重度肝硬変の医療を受けたことを記録するものです。

入院記録票の交付

肝がん・重度肝硬変の患者さんが入院される場合、患者さんに入院記録票を交付してください。

石川県から指定を受けている指定医療機には、入院記録票の様式を送付しております。

なくなりましたら送付いたしますので、県健康推進課までご連絡ください。

入院記録票の記載

肝がん・重度肝硬変の患者さんから入院記録票を提示され、記載を求められた場合は、下記のマニュアル・資料集を参考に必要事項を記載してください。

          ※P10~P15が入院記録票に関するページです。

          ※P9~P28とP32~43が入院記録票に関するページです。一つの月に複数回入院した場合の取り扱いについては、P34~43をご覧ください。

臨床調査個人票及び同意書の説明

臨床調査個人票及び同意書(個人票等)は、肝がん・重度肝硬変の患者さんが参加者証の交付申請を行う際に必要な書類です。

個人票は診断書に類した内容となっており、同意書は、個人票のデータを厚生労働省から研究班に提供することに同意していただくものとなります。

個人票を作成する際に、本事業では国(厚生労働省)が個人票等の写しを研究班に提供することについて、指定医療機関から患者さんに「データ提供の同意に関する説明文書」により説明を行い、同意書欄に署名又は押印をしてもらうようお願いします。

※指定医療機関が研究班に対して個人票等の提供を行うものではないため、それぞれの指定医療機関において、臨床倫理委員会の承認を得る必要はありません。

 指定医療機関の申請手続き 

上記指定医療機関の要件等をご確認のうえ、指定医療機関の申請を行おうとする保険医療機関からの申請を受け付けています。

提出書類

下記の申請書を県健康推進課まで提出してください。

(指定申請書の記載にあたっての留意事項)

  • 申請日は、指定を受けようとする月(医療費の交付負担を受けようとする月)の日付としてください。
  • 県要綱別添3(PDF:109KB)に定める医療を行うことができる施設である旨及び、指定医療機関に求められる役割を担うことができる旨の記載(申請書へのチェック)を忘れずに行ってください。
  • 病院長が、開設者(法人)の代表権を行使することができる場合は、申請者を病院長として記載しても差し支えありません。

申請期限

 原則として、指定を受けようとする月の末日まで

指定の通知

申請のあった医療機関を、指定医療機関として指定し、その旨を「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定通知書」により通知します。

また、「指定医療機関」については、厚生労働省へ報告を行い、肝炎情報センターが運営する「肝炎医療ナビゲーションシステム(外部リンク)」にも掲載されます。

「指定日」について

「指定日」は、申請日が属する月の初日とします。

「指定日」以降の月から医療費の公費負担が可能です。  

経過措置(「みなし指定日」について)

2020年3月31日までに知事の指定を受けた指定医療機関は、当該指定のあった日の1年前から指定医療機関の指定を受けていたものとみなして、高額療養費算定基準額を超えた月数のカウントを行うことができます。

なお、その場合の遡及できる範囲は、2018年4月1日までとします。

※「みなし指定日」から入院関係医療のカウントはできますが、公費の請求ができるのは指定医療機関としての指定を受けた月以降の分からとなります。

変更等手続き

 変更届

指定申請書の内容に変更が生じた場合には、下記の変更届を県健康推進課まで提出してください。

指定の辞退

指定医療機関であることを辞退する場合には、下記の辞退届を県健康推進課まで提出してください。

「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関辞退届」(別紙様式13)(PDF:59KB)

「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関辞退届」(別紙様式13)(ワード:23KB)

「辞退年月日」については、参加者の本事業の利用に支障のないよう十分な余裕を持った日を設定してください。

  提出先・問い合わせ先

〒920-8580  石川県金沢市鞍月1丁目1番地

石川県健康福祉部 健康推進課  感染症対策グループ

TEL  076-225-1438    FAX  076-225-4444

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?