• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

肝炎ウイルス検査・相談

保健福祉センター及び協力医療機関での肝炎ウイルス検査

保健福祉センター(保健所)の肝炎ウイルス検査・相談窓口(PDF:71KB)

県内の協力医療機関でも検査が受けられます。(肝炎ウイルス検査の医療機関委託について

※金沢市にお住まいの方は金沢市保健所のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

フィブリノゲン製剤納入医療機関公表に係る相談窓口の設置

厚生労働省では、フィブリノゲン製剤納入医療機関を公表しました。

平成6年以前にフィブリノゲン製剤の投与を受けた方等、下記(1)~(5)及びa~hに該当される方は、肝炎ウイルスに感染している可能性が一般の方よりも高いと考えられますので、C型肝炎ウイルス検査を受けられることをお勧めしています。

(1)平成6年以前に公表医療機関で治療をうけ、下記(1)~(5)に該当される方

(1)妊娠中又は出産時に大量の出血をされた方
(2)大量に出血するような手術を受けた方
(3)食道静脈瘤の破裂、消化器系疾患、外傷などにより大量の出血をされた方
(4)がん、白血病、肝疾患などの病気で「血がとまりにくり」と指摘を受けた方
(5)特殊な腎結石・胆石除去(結石をフィブリン塊に包埋して取り除く方法)、気胸での胸膜接着、腱・骨折片などの接着、血が止まりにくい部分の止血などの治療を受けた方

(2)下記a~hに該当される方

  1. 1992年(平成4年)以前に輸血を受けた方(注)
  2. 大きな手術を受けた方
  3. 血液凝固因子製剤を投与された方
  4. 長期に血液透析を受けている方
  5. 臓器移植を受けた方
  6. 薬物濫用者、入れ墨をしている方
  7. ボディピアスをしている方
  8. その他(過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、その後肝炎の検査を実施していない方等)

(注)輸血などに用いる血液製剤は、様々な安全対策がとられてきており、感染症伝播のリスクを完全に排除できないものの、近年の製剤の安全性は格段に向上しております。

なお、過去に一度肝炎ウイルス検査を受診されている方は、新たに上記に該当することがない限り、基本的に再度検査を受ける必要はありません。 

 

フリーダイヤル:0120-509-002

受付時間:午前9時30分~午後6時15分(土曜・日曜・祝日を除く)

 フリーダイヤル:0120-780-400(携帯電話、公衆電話からはご利用になれません)
又は、03-3506-9508

受付時間:午前9時~午後6時(土曜・日曜・祝日を除く)

納入医療機関一覧は厚生労働省のホームページから閲覧できます。

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?