• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 社会基盤・地域振興 > 交通・情報基盤整備 > IT・高度情報化 > 石川県行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例(マイナンバー条例)

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

石川県行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例(マイナンバー条例)

  石川県行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例(平成27年石川県条例第43号。以下、「マイナンバー条例」といいます。)が平成28年1月1日に施行されました。

マイナンバー条例制定の背景及び制定理由

制定の背景

  国においては、平成27年10月5日に行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下、「マイナンバー法」といいます。)が施行され、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するためにマイナンバー制度が導入されました。

制定理由

  マイナンバーを利用できる事務は、マイナンバー法で定められていますが、県が条例を定めることにより追加できます。ただし、こうした事務は、マイナンバー法で規定された事務との一体的に取り扱う県独自の事務に限られています。

マイナンバー条例の概要

目的

この条例は、「行政運営の効率化」、「行政分野におけるより公正な給付と負担の確保」及び「手続の簡素化」を目的としています。

マイナンバーの独自利用等を規定

  • 法定の小児慢性特定疾病医療費助成事務と一体的に事務処理している、県の小児慢性特定疾病医療費助成事務において、マイナンバーの利用を規定しています。
  • 特別支援学校への就学奨励に関する法律に定める事務と一体的に事務処理している、県の特別支援教育就学奨励費支弁事務において、マイナンバーの利用を規定しています。

庁内情報連携を規定

  • マイナンバー法の別表第ニに規定された情報連携は、異なる団体・機関間におけるものを規定したものであるため、同一機関内の所属間においても情報連携を行うことができることを規定しています。

条例・規則・告示

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:総務部行政経営課情報システム室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1321

ファクス番号:076-225-1319

Email:e120300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?