• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > 統計・情報公開 > 個人情報保護 > 個人情報の開示請求をされる方へ

ここから本文です。

更新日:2016年4月4日

個人情報の開示請求をされる方へ

開示請求の手続

  1. 開示請求書の提出
    窓口に開示請求書を提出して下さい。
    本人であることを証明する書類(個人番号カード、運転免許証、パスポート等)の提示が必要です。
    法定代理人が請求する場合は、法定代理人自身であることを証明する書類のほか、親権者等の法定代理人であることを示す書類(戸籍謄本等)が必要です。
    委任による代理人が請求する場合(特定個人情報(個人番号を含む個人情報)の開示請求をする場合に限る。)は、当該代理人自身であることを証明する書類のほか、委任者本人から委任されたことを示す書類(委任者本人の記名押印がある委任状及びその押印した印鑑に係る印鑑登録証明書)が必要です。
  2. 開示等の決定
    実施機関は、開示請求を受けた日から原則として14日以内に開示するかしないかの決定をします。
  3. 決定内容の通知
    実施機関の決定は文書でお知らせします。
  4. 開示の実施
    窓口で個人情報が開示されます。開示請求書の提出時と同じく、本人であることを証明する書類の提示が必要です。

開示請求書様式(ワード:124KB)

  訂正請求及び利用停止請求についても、開示請求に準じた手続となります。
(請求を受けた日から原則として30日以内に訂正及び利用停止するかしないかの決定をします。)

決定に不服がある場合

  実施機関の不開示決定等に不服がある場合は、実施機関に対して行政不服審査法に基づく審査請求をすることができます(決定を知った日の翌日から起算して3箇月以内)。審査請求があった場合、実施機関は、学識経験者により構成される石川県個人情報保護審査会に諮問し、その答申を尊重して当該審査請求に対する裁決を行います。認容の裁決をしたときは、裁決の内容に応じた開示決定等を改めて行います。

  実施機関の不訂正決定及び不利用停止決定について不服がある場合も、同様に審査請求をすることができます。

費用の負担

  個人情報の開示にあたり、閲覧、視聴は無料ですが、文書等の写しの交付を希望される場合には、実費を負担していただきます。
(A3サイズまで白黒コピー1枚10円、カラーコピー1枚50円)

開示請求の特例(簡易開示)

  資格試験や入学試験の結果など、実施機関があらかじめ定めた個人情報については、本人に限り、請求書によらず口頭による開示請求ができます。その際には、受験票、運転免許証など、本人であることを証明する書類を提示して下さい。

 

お問い合わせ

所属課:総務部総務課行政情報サービスセンター

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1236

ファクス番号:076-225-1237

Email:e110300a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?