• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 石川県人事委員会 > 待遇・福利厚生・職員研修

ここから本文です。

更新日:2017年2月28日

待遇・福利厚生・職員研修  

 

  待遇

  • 初任給、諸手当、勤務時間、休日    
  • ワークライフバランス 
      ~仕事と生活の調和~

  福利厚生

  • 健康管理 
  • 厚生事業 

  職員研修

  • 職場外研修
  • 職場内研修 
  • 自己啓発支援

 

     ※  警察官についてはこちら (外部リンク)

 

 待遇

初任給

試験名 給料月額
 大学卒程度 178,200円 
 高校・短大卒程度  146,100~155,800円

 

(注1)学校卒業後、職務経験など一定の経歴がある場合は所定の金額が加算されます。
(注2)職種によっては、公安職・研究職・医療職の給料表が適用され、上記と異なります。
(注3) なお、上記の金額は、人事委員会勧告により改定されることがあります。

諸手当

  • 期末手当・勤勉手当(ボーナス)が、年2回(6月、12月)に支給されます。
  • 地域手当、扶養手当、通勤手当、住居手当や職務の特殊性に応じた特殊勤務手当等がそれぞれの支給条件に応じて支給されます。

勤務時間

  • 原則として、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分までとなっています。

休日

  • 勤務の場所や内容によって異なる場合がありますが、原則として土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)が休みとなっています。

         なお、土曜日、日曜日が閉庁でない職場では、交代で代わりの休みをとっています。

ワークライフバランス  ~仕事と生活の調和~ 

    石川県では、職員の一層のワークライフバランスの推進に取り組んでいます。

  主な休暇制度

主な休暇等の制度    

                                                          内                      容
年次有給休暇         年間20日(採用1年目は15日)  繰越と含め最高40日
夏期休暇 7月から9月の間に5日
結婚休暇 連続する7日(土日除く)
産前産後休暇 産前8週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間  ※女性のみ
出産補助休暇 妻の出産のための入院等の日から、出産後2週間の間で3日  ※男性のみ
育児時間 子が1歳9月に達するまで、1日2回  各45分
育児参加休暇

妻の出産予定日の8週間(多胎妊娠の場合は14週間)前の日から、
当該出産の日後8週間の間で5日    ※男性のみ

育児休業 子が3歳に達するまで
育児部分休業 子が小学校就学の始期に達するまで、勤務時間の始め又は終わりにおいて1日2時間
育児短時間勤務

子が小学校就学の始期に達するまで、勤務時間を①1日3時間55分、② 1日4時間55分、
③ 週3日又は④ 週2日と1日3時間55分に短縮

家族の看護休暇

1親等内の親族の看護の必要がある場合、1年に5日
(中学校就学の始期に達するまでの子が2人以上の場合は10日)

介護休暇 配偶者、父母、子などの介護をする場合、6月(3回まで分割可能)
早出遅出勤務

育児又は介護を行う職員  
 C勤務/8時00分~16時45分、 D勤務/9時30分~18時15分  など

  

 福利厚生

  健康管理

  • 法定の健康診断のほか、人間ドックやがん検診などを行うとともに、各種の健康相談なども実施しています。
  • ストレスチェックのほか、メンタルヘルスに関する相談窓口の設置や研修など職員のメンタルヘルスに配慮しています。

  厚生事業

  • 独身寮(男・女、自炊)、職員住宅(世帯用等)があります。
  • 職員の健康増進や親睦のため、職場対抗の球技大会(ソフトボール、バレーボール、バドミントン、卓球)を行っています。

        また、余暇の活動として、文科系・体育系のサークルがあります。

 

 職員研修

  職場外研修

  • 新規に採用された年度には、県職員としての自覚を高め、職務上必要な基礎知識等を習得するために、様々な内容を盛り込んだ初任者研修を年3回にわたり受講します。 同期生が一堂に集まるので、親睦を深める機会にもなっています。
  • 採用3年目には企画立案能力の向上を目的とした研修、5年目には今までの振り返りと今後のキャリアの方向性や伸ばすべき能力が何かを考えるキャリアデザイン研修を受講します。
  • そのほか若手職員を対象とした、国の各省庁での実務研修、専門技術向上を目指した短期海外研修など、採用時から継続的に手厚い研修制度を設けています(内部選考手続きあり)。

                 派遣先(例)
                      中央省庁等派遣研修  ・・・  農林水産省、国土交通省、環境省  等
                      短期海外研修 ・・・  ヨーロッパ諸国、アメリカ  等

  • また、職員のニーズに対応して、予算・決算担当者実務研修、法制執務研修、政策形成研修などの事務研修を実施しています。

  職場内研修

  • 新規採用職員が不安なく職場や業務になじむことができるよう、新規職員一人ひとりに対して、配属された職場の指導職員(ジョブ・コーチ)を配置しています。ジョブ・コーチは、具体的な職務指導はもちろんのこと、職場生活全般についても相談を行っています。

            ジョブコーチ    

             写真/新規職員への指導の様子(新幹線・交通対策監室)

              

  自己啓発支援

  •   自主研究活動への支援や、大学等に修学するための修学部分休業制度等があります。

 

お問い合わせ

所属課:人事委員会事務局 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1871

ファクス番号:076-225-1872

Email:e420100@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?