• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 医療・病院 > 医療一般 > 後期高齢者医療制度について > 後期高齢者医療制度に関する審査請求ついて

ここから本文です。

更新日:2016年8月29日

後期高齢者医療制度に関する審査請求ついて

 石川県後期高齢者医療審査会とは

      審査請求の対象となる個々の処分が法律・制度に基づいて正しく行われたものであるかを審理し裁決する機関です。
      したがって、法律・制度の改廃等について国などに提言する権限はありません。

 審査請求の対象となる処分

    石川県後期高齢者医療広域連合または石川県内の市町が行った次の行政処分です。

  1. 後期高齢者医療給付に関する処分
                療養費等の現金給付又は現金不給付の処分、給付制限の処分等
                被保険者証の交付請求又は返還に関する処分
  2. 保険料その他の徴収金に関する処分
                保険料の賦課処分のほか、一部負担金、不正利得に関する徴収金、過怠金の賦課徴収又はこれらに関する滞納処分等         

  (高齢者の医療の確保に関する法律第128条)

 審査請求できる方

      審査請求の対象となる処分に不服がある方で、違法又は不当な処分により、直接に自己の権利又は利益を侵害されたと主張する方。委任状があれば、代理人により行うこともできます。

                                                          (行政不服審査法第2条、第12条第1項)

 審査請求できる期間

   処分があったことを知った日の翌日から起算して、3ヶ月以内です。
   ただし、3ヶ月以内であっても、処分のあった日の翌日から起算して1年を経過していれば、審査請求を行うことはできません。


    (行政不服審査法第18条第2項、高齢者の医療の確保に関する法律第130条において準用する国民健康保険法第99条)

審査請求の流れ

後期高齢者審査請求のながれ3 

  1.  審査請求人が審査会に審査請求書を提出します。
              審査請求は、文書(審査請求書正副2通)または※口頭で、後期高齢者医療審査会に対して行います。郵送も可能ですが、電話によるものは認められません。
              ※ 口頭で請求する場合、事務局が聞き取りをして審査請求人に確認の上押印していただき、審査請求書を作成します。
       (高齢者の医療の確保に関する法律第130条において準用する国民健康保険法第98条第1項、第99条)
            → → → 審査請求書の作成例はこちら
  2. 審査会が審査請求人に審査請求書の記載内容の追加・訂正(補正)を命令する場合があります。
                                                                                                              (行政不服審査法第23条)
  3. 審査会は、審査請求書の記載事項などの法律上の要件をチェックしたうえで、処分庁(広域連合又は市町)等へ審査請求を受理したことを通知します。
       (高齢者の医療の確保に関する法律第130条において準用する国民健康保険法第100条)
  4. 審査会は、必要に応じて、処分庁(広域連合又は市町)へ弁明書の提出を求めることがあり、弁明書の提出があった場合は、審査請求人へ送付します。
                                                                                        (行政不服審査法第29条第1項、第5項)
  5. 審査請求人は、処分庁の弁明書に対して反論がある場合、定められた期間内に審査会あてに反論書(正副2通)を提出することができます。    
                                                                                                              (行政不服審査法第30条)
  6. 審査請求人は申し立てにより、請求に関する意見を口頭で述べることができます。
                                                                                       (行政不服審査法第31条)
  7. 審査会は、審査請求を審理したうえで、次のいずれかに決定します(裁決)。この裁決は審査請求人に裁決書の謄本を送達することにより、効力が発生します。
                                      (行政不服審査法第45条第1項、第2項、第46条1項、第51条第1項、第2項) 

    ▼裁決の種類

  (1) 却下                                                            (行政不服審査法第45条第1項)

          不適法な審査請求である場合、請求内容の審理をするまでもなく、その請求は認められないことに決定されます。
          不適法とは、規定の期間を経過した後に審査請求がされた場合、審査の対象になる処分が存在しない場合、審査請求をする利益がない場合、請求書の補正をするよう命令したのに審査請求人が応じない場合などです。

  (2) 棄却                                                            (行政不服審査法第45条第2項)

          請求内容を審理したうえで、請求を認めないという決定です。この場合は処分は変わりません。

  (3) 認容                                                            (行政不服審査法第46条第1項)

          請求内容を審理したうえで、処分が違法又は不当であるという審査請求人の主張を認める決定です。処分庁はその決定に従い、処分の全部又は一部を取り消すことになります。
      ※ 審査請求人は、裁決が行われるまでは、いつでも書面で審査請求を取り下げることができます。
                                                                                                                            (行政不服審査法第27条)

 ご不明な点があれば、この連絡先へお問い合わせください。 

連絡先・審査請求書送付先

 石川県後期高齢者医療審査会
               〒920-8580  石川県金沢市鞍月1-1
               石川県健康福祉部医療対策課内  石川県後期高齢者医療審査会事務局
               電話番号   076-225-1432  
                FAX番号  076-225-1434

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:健康福祉部医療対策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1432

ファクス番号:076-225-1434

Email:e150900a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?