• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2016年2月25日

大気環境グループ

Gコンテンツ管理システム装置

揮発性有機化合物測定システム

大気環境測定車

環境大気測定車

 県内大気監視

  行政部局と連携して県内の一般環境大気及び自動車排ガスについて、大気汚染防止法に基づく常時監視を県内の大気汚染監視測定局で実施しているほか、汚染物質が高濃度になった場合の緊急時の措置及び測定結果の公表に係わる一連の業務を行っています。

  • 環境大気の常時監視
  • 環境大気測定車による環境調査
  • 調査研究

      図  石川県の大気監視局網(PDF:204KB)

      微小粒子状物質(PM2.5)について(PDF:868KB)

有害大気汚染物質に関する調査

  大気汚染防止法に基づき、平成9年度から継続して有害大気汚染物質に関する調査 を実施しています。

  • 調査地点
        七尾市、小松市、野々市市  
  • 調査頻度
        各地点毎月1回(24時間)
  • 調査項目
        ベンゼン,トリクロロエチレン等21項目
  • 結果の公表
         「石川県環境大気調査報告書」(毎年9月頃作成)

      概要はこちらでもご覧になれます。
      http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kankyo/annai/taiki/taiki-3.html 

酸性雨に関する調査

石川県では、昭和58年度(1983年度)から継続して酸性雨調査を実施しています。

  • 調査地点
        金沢市太陽が丘(石川県保健環境センター)
  • 調査項目
         pH,電気伝導率,硫酸イオン,硝酸イオン等10項目
  • 結果の公表
         「石川県環境大気調査報告書」(毎年9月頃作成)

概要はこちらでもご覧になれます。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kankyo/annai/sansei/index.html

  近年、空気中にガスや粒子として存在する酸性物質についても関心が高まっており、こうした“乾性沈着”に関する調査も実施しています。

水(雨や雪)に伴う酸性物質の沈着を“湿性沈着”と呼びますが、 “乾性沈着”はこれに対応した言葉で、大気中のガス状・粒子状物質の沈着をいいます。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部保健環境センター 

石川県金沢市太陽が丘1-11

電話番号:076-229-2011

ファクス番号:076-229-1688

Email:hokan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?