• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

平成24年度調査研究

インフルエンザに関する基礎的研究
-新型インフルエンザウイルス(AH1pdm)出現を受けて-

平成21年に初めて新型インフルエンザウイルス(AH1pdm)の患者発生があった。本ウイルスが今後どのように変異するかは、推測が不可能であり、また、新たなインフルエンザウイルスの出現も否定できない。季節性インフルエンザウイルスを含めた全てのインフルエンザウイルスに対し、迅速かつ正確な診断法に関する検討や、分離したインフルエンザウイルスに関する詳細解析および県民の感受性調査を実施し、関係機関へ情報提供を行うことにより、迅速かつ的確な感染症対策を講ずることを目的とする。本研究により、今後のインフルエンザに関する健康危機管理体制の整備および感染症対策を推進する上での科学的根拠を得る

(健康・食品安全科学部)

県内産農産物に使用される農薬に対応した試験法の確立に関する研究

県内農産物における残留農薬の検査については農林水産部局と連携し、農薬の散布記録を参考に使用農薬の残留について、確認、精査しているところであるが、一部の農薬(H21では33農薬)については、一斉試験法の適用が困難なことや、国の通知法が示されていないことなどにより対応できていない。(H18~H21調査研究において3農薬対応済み。)
  近年、県内において、生産者が使用した農薬が基準を超えて検出された事例はないが、検査未対応の農薬については残留状況が確認されておらず、その安全性については十分検証されていない。このため、これらの農薬の試験検査分析方法の早急な確立を目指す。

(健康・食品安全科学部)

石川県における光化学オキシダントの特性に関する研究

  光化学オキシダントの濃度は全国的に増加傾向にあり、本県でも、毎年春に高濃度が出現している。光化学オキシダントの生成に関しては、窒素酸化物や炭化水素化合物が関与しているといわれており、炭化水素化合物については人為的な発生だけでなく自然由来のものも注目されている。
本研究は、人為的汚染が少ない地域と人為的汚染が付近に存在する地域で、光化学オキシダント等の濃度を調査、比較するとともに、光化学オキシダントの生成要因と考えられる自然由来の炭化水素化合物(イソプレン)の挙動を把握することにより、県内における高濃度光化学オキシダントの生成要因の解明を目指す。

環境科学部

植物を用いた汚染土壌の環境修復に関する研究(その2)

本研究は、汚染土壌から汚染物質を除去・回収するため、植物の生育過程において汚染物質を集積する効果の高い植物を選定した上で、除去・集積メカニズム等を解明し、集積能力を評価することで、汚染土壌修復の一助とすることを目的としている。
  平成21~23年度の調査研究では、鉛又はヒ素の集積植物から、石川県の気候、土壌等の栽培に適した4種類の植物を選定し、模擬汚染土壌からの除去・集積メカニズムや集積能力等に関するいくつかの知見を得た。今回は(平成24~26年度)は、土壌からの除去量を把握する手法や汚染物質の最大収奪条件を検討し、実フィールドでの汚染土壌の修復条件を検証する。
実フィールドへの展開に大変有用であると考える。

(環境科学部)

石川県の閉鎖性水域における難分解性有機物に関する実態調査

   本県の多様性に富んだ豊かな水環境は次世代に継承すべき貴重な財産であり、親水空間としての機能を維持増進するためには用水域の水質浄化は不可欠である。とりわけ、湖沼にあっては良好な水辺環境を保全し、憩いの場としての活用が求められる。これまで水質浄化のため種々の取り組みがなされてきたのもかかわらずが、改善は見られず、依然として水質環境基準(COD75%値による評価)は未達成である。  そこで、有機物の分解性の難易に着目し、湖沼及び流入河川等における有機物の分解特性及びその動態を明らかにすることにより、今後の閉鎖性水域の水質改善に資する。

(環境科学部)

お問い合わせ

所属課:健康福祉部保健環境センター 

石川県金沢市太陽が丘1-11

電話番号:076-229-2011

ファクス番号:076-229-1688

Email:hokan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?