• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 市ノ瀬ビジターセンター > 市ノ瀬ビジターセンター自然情報(平成29年11月1日~11月5日)

ここから本文です。

更新日:2017年11月16日

市ノ瀬ビジターセンター自然情報(平成29年11月1日~11月5日)

紅葉惜しみながら冬季閉館

市ノ瀬ビジターセンターは11月5日を最終日に今シーズンの業務を終了し、6日から冬季閉館しました。快晴となった5日、大勢のハイカーや写真愛好者らが訪れ、散りゆく紅葉を惜しんでいました。来シーズンは平成30年5月1日開館予定です。

最終日のビジターセンター
今季最終日の市ノ瀬ビジターセンター。紅葉見物の人たちでにぎわいました(平成29年11月5日)

写真家のみなさん
猿壁付近で散りゆく紅葉と冠雪の白山にカメラを向ける写真愛好者(平成29年11月5日)

観察記録

平成29年11月1日~11月5日に観察

観察された植物

開花

アキノキリンソウ、フジアザミ、ハクサンアザミ、サワアザミ、イヌタデ、ノコンギクなど

観察された動物

鳥類 カケス、コガラ、ホオジロ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシボソガラス、アオゲラ、エナガ、クマタカ、アトリ、ジョウビタキなど
昆虫

クスサン、ヒメヤママユ、ヤママユガなど

ページの先頭へ戻る

トピックス

ガイドウォークを楽しむ

白山自然ガイドボランティアの皆さんによる市ノ瀬周辺のガイドウォークが土日・祝日に行われてきましたが、11月3~5日の3連休を最後に終了しました。今シーズンも大勢の人たちに白山の自然に親しんでいただきました。

11月3日GW
チブリ尾根で原生林の紅葉を楽しむ(平成29年11月3日)

ドロノキの話をきく
ドロノキを見上げながらガイドさんの話を聞く(平成29年11月5日)

何だろう
何だろう?ガイドさんの説明に興味津々(平成29年11月5日)

イワナ発見
「イワナがいた!」市ノ瀬園地の小川で(平成29年11月5日)

ページの先頭へ戻る

冬はブナオ山観察舎へどうぞ―11月20日開館予定

白山自然保護センターの野生動物観察施設「ブナオ山観察舎」=白山市尾添=は今年も11月20日に開館の予定です。ニホンカモシカ、ニホンザル、ツキノワグマ、イノシシ、イヌワシ、クマタカなど、大型の野生動物を自然のままの姿で観察できる国内でも珍しい施設です。職員が常駐し、望遠鏡や双眼鏡も多数備えています。土日・祝日にはかんじきを履いて周辺の雪の森を散策する「かんじきハイク」も実施します。年末年始を除き無休で、来年5月5日まで開館しています。冬の自然を楽しみに来てください。

観察舎
ブナオ山観察舎。後ろのブナオ山の動物を観察します

カモシカのペア
寄り添うニホンカモシカのつがい

サル鈴なり
木に鈴なりになったニホンザル

クマの親子
ツキノワグマの親子

イノシシ一列
一列になって雪の中を移動するイノシシの群

イヌワシ飛翔
ブナオ山上空を旋回するイヌワシのつがい

かんじきハイク
雪の上を散策するかんじきハイク

しりすべりする子供たち
雪の斜面で尻滑りを楽しむ子どもたち

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?