• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成29年7月16日~7月31日

ここから本文です。

更新日:2017年8月24日

中宮展示館  自然情報  平成29年7月16日~7月31日

◆◇◆トピックス◆◇◆

平成29年7月15日(土曜日)~23日(日曜日)  夏の中宮「水遊びdays」

 展示館では7月15日から23日まで、楽しもう!白山麓days 「夏の中宮  水遊びdays」が開催されました。今年は期間中、天気や川の状態が思わしくない日もあり、とくに16日、17日、23日に予定していたイワナつかみはすべて中止になってしまいました。お申込みを頂き、楽しみにしていた方々には本当に申し訳ありませんでした。それでも期間中ご来館いただいた方々、ガイドボランティアの皆様、中宮温泉旅館協同組合様ほかご協力頂いた皆様に厚くお礼申しあげます。 

川遊び_その一

川遊び_その二
親子みんなで遊ぶのもいい思い出になりますね。(7月17日)

川遊び_その三
団体の方達も川遊びを楽しんでいました。(7月22日)

ページの先頭へ戻る

平成29年7月22日(土曜日)  観察日記~アサギマダラ~

 6月から観察しているアサギマダラが蛹になり、21日に色が付き、この日無事羽化しました。しばらくして羽ばたきだしたので、マーキングをしてから放してあげました・・があいにくの天気だったせいかすぐ近くの木の葉っぱに止まったまま動かず(>_<)。翌日にはいませんでしたが、無事遠くまで頑張って旅をしてくれるといいな。

アサギマダラ_その一
うっすらと翅の色が見え始めました。(7月21日14時15分)

アサギマダラ_その二
2時間後さらに色が濃くなってきました。
しかし時間のため後ろ髪を引かれつつ帰宅。(7月21日16時25分)

 アサギマダラ_その三
翌日の朝無事羽化していました。
翅が完全に乾くまでしばらく休みます(7月22日)

アサギマダラ_その四
羽化したてはやはり綺麗ですね。

ページの先頭へ戻る

平成29年7月25日(火曜日) 観察日記~スミナガシ~

 17日に遊びに来ていたお客様から「近くにいたよ」と写真を見せて頂いたのはスミナガシの幼虫。スミナガシの成虫は展示館周辺でも何回か見る事はできますが幼虫は初めて。しかもこの幼虫はとても面白い姿形なので一度見てみたかったんです。それが思いがけず近くにいたのでお客様にお礼を言いつつ早速観察してみる事にしました。25日には前蛹(蛹になる前の状態)になり、その後タイミングよく蛹化の様子を観察する事ができました。しかし全部で3匹観察していたのですが、内2匹は寄生バエにやられてしまい蛹になったあと死んでしまいました。残る1匹は観察中です。追記:伸びた前蛹体勢に、ダメだと思ったAとHさん。あわや捨てられるところでした。・・危なかった(^-^;

スミナガシの幼虫_その一
スミナガシの幼虫。顔がまるでジョーカーのよう。
体の色も独特な配色です。(7月17日)

スミナガシの幼虫_その二蛹化
蛹になる前の前蛹の体勢。
でも伸びきった姿に、蛹になるのを失敗したと思ってしまったAとHさん。(7月25日9時25分)
(他の蝶は少し頭を丸めるような形になる事が多い)

スミナガシの幼虫_その三蛹化

すると少ししたらグルグルと動き出して、気づいたら脱ぎ始めていました。(10時33分)

スミナガシの幼虫_その四蛹化
かなり脱げてきました。(10時40分)

スミナガシの幼虫_その五蛹化
蛹になりました。半透明で数分間はモゾモゾ動いていました。(10時50分)

スミナガシの幼虫_その六蛹化
そのうちピタッと動きが止まり、まるで枯れ葉のような模様になりました。
幼虫も面白い姿形でしたが、蛹もまた独特の姿形ですね。(16時00分)

ページの先頭へ戻る

平成29年7月29日(土曜日) 観察日記~ツマグロヒョウモン~

 先月見つけてきた卵から孵ったツマグロヒョウモンはただいまスクスクと成長を続けております。チョウの成長は本当に早く毎回驚かされます。

ツマグロヒョウモンの幼虫_その一
約3mmの大きさまで成長。(7月18日)

ツマグロヒョウモンの幼虫_その二
脱皮直後の幼虫。一週間で約1.2mmほどに成長。(7月25日)

ツマグロヒョウモンの幼虫_その三
約3cmほどまで成長。(7月29日)

ページの先頭へ戻る

平成29年7月29日(土曜日) 群れでの役割?

 この日約1ヶ月ぶりくらいにサルの群れが展示館の前にやってきました。展示館の前から川の橋を渡るサル達を見ていたら、少し近寄り過ぎてしまったのかサルの癇に障ったようで、突然1頭の若いサルが大きな声で威嚇し始めました。するとその声を聞いた近くにいたまだ小さな子ザルも同じように威嚇し始めたのです。さらにかなりの権力を持っていると思われる1匹も横から威嚇し始め、3頭で威嚇体制に入られてしまいました。近くにいた人はすぐに離れたのですが、しばらく威嚇は続けられました。その様子にサル達もちゃんと役割があって、無事群れが行動出来るようにしているのかな?と思いました。そして、その役割を次の世代に教えているかのような光景でした。しかしまだ子ザルだけど懸命に真似して威嚇する姿は申し訳ないけど可愛く思えてしまいました。

サル_その一
橋を渡って移動するサル達。

サル_その二
この2匹が威嚇隊。
右の若いサルがまず威嚇し、左の子ザルが真似して威嚇しました。
と同時に他のサル達は走っていってしまいました。

サル_その三
そして威嚇隊のボスであろうサル。
さっきの2匹の声を聞いてすぐに駆け寄ってきました。

サル_その四
中にはこんなのんびり屋さんもいましたが・・。

ページの先頭へ戻る

平成29年7月30日(日曜日) 観察日記~アオバセセリ~

 7月18日にスミナガシの幼虫まだいないかな~?と上のスミナガシの幼虫がいた場所に観察に行ったら、何やら見慣れない幼虫がせっせと葉でお家を作っていました。その時はあまり気にせず、あとで何の幼虫か調べようと思いしばらく放置しておりました。少ししてMさんとHさんがきた時に「同じ木にもしかしたらアオバセセリの幼虫もいるかも知れない」と一言。「・・それってもしや」と写真を見せたらビンゴでした(^-^;。去年成虫は写真に撮れたのでいる事は分かっていましたが、まさかの幼虫発見。早速観察をしてみる事にしました。29日に虫カゴを脱走し、なぜか近くに置いてあったフィルムケースで前蛹体勢に入り、30日に蛹になっていました。
こんな変わった色の幼虫はきっと蛾だと思い込んでいたA。教訓、何でもとりあえず撮っとこう。

アオバセセリ_その一 
チラッと葉の間から顔を出していたアオバセセリの幼虫。(7月18日)

アオバセセリ_その二
なぜかフィルムケースに入り前蛹体勢(蛹になる前の状態)になりました。(7月29日)

アオバセセリ_その三
日中気付いたらこの状態になっていました。
しかし実はまだ完全ではなかったこの蛹。さらに・・(7月30日)

アオバセセリ_その四
翌日には真っ白になっていました。どうなってるんだ・・。(7月31日)

ページの先頭へ戻る

ガイドウォーク

 中宮展示館では、毎週土、日、祝日にガイドウォークを実施しています。その季節に応じた自然の楽しみ方をガイドが観察路を歩きながらご案内いたします。無料ですのでお気軽にご参加ください(*^_^*)

ガイドウォーク
ガイドウォークを楽しむ親子。(7月30日)

 ページの先頭へ戻る

平成29年7月31日(月曜日) 7月16日~7月31日に観察

観察された植物

観察できた

ウマノミツバ、ソバナ、ヒメジョオン、オカトラノオ、オオバギボウシ、ホタルサイコ、ヨツバヒヨドリ、ミツバ、オオヤマサギソウ、キツネノボタン、ヤマトウバナ、タニタデ、タケニグサ、オニドコロ、タカトウダイ、ヤブカンゾウ、ハンゴンソウ、リョウブ、ヤブコウジ、ケナシヤブデマリ(実)、ミヤマホウソ(実)、ツノハシバミ(実)など

観察された動物

哺乳類 ニホンザル
鳥類 イヌワシ、ハシブトガラス、キセキレイ、トビ、ホオジロ、ヒヨドリ、カワガラス、イカル、アマツバメ、ゴジュウカラ、キジバト(鳴)、ウグイス(鳴)、アオバト(鳴)、コゲラ(鳴)、ドラミングの音など
爬虫類

カナヘビ、ニホントカゲ

両生類  
昆虫 カラスアゲハ、クロアゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、サカハチチョウ、テングチョウ、アサギマダラ、ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモン、シータテハ、アカタテハ、ルリタテハ、クロヒカゲ、コキマダラセセリ、ヒメシジミ、アカシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラギンシジミ、アオカナブン、オニヤンマ、アキアカネ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、エサキモンキツノカメムシ、ナナフシモドキ、オジロアシナガゾウムシ、ゴマダラカミキリ、キリギリス、ヒメギス、フキバッタ、ヒグラシ(鳴)、ミンミンゼミ(鳴)、アブラゼミ(鳴)、ニイニイゼミ(鳴)、アカウシアブ、イヨシロオビアブなど
その他  

ページの先頭へ戻る  

花暦

オオヤマサギソウ
オオヤマサギソウ(7月17日)

ネジバナ
ネジバナ(7月18日)

タニタデ
タニタデ(7月26日)

ソバナ 
ソバナ(7月27日)

ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ(7月27日)

アクシバ
アクシバ(7月27日)

ハンゴンソウ
ハンゴンソウ(7月27日)

ヤブコウジ
ヤブコウジ(7月27日)

 ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

アカシジミ
アカシジミ(7月18日)

アオカナブン
アオカナブン(7月27日)

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ(7月29日)

ゴマダラカミキリ
ゴマダラカミキリ(7月29日)

 

ページの先頭へ戻る  

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?