• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成29年6月16日~6月30日

ここから本文です。

更新日:2017年8月4日

中宮展示館  自然情報  平成29年6月16日~6月30日

◆◇◆トピックス◆◇◆

平成29年6月17日(土曜日) 自然界の厳しさを学ぶ~シマヘビvsモリアオガエル~

 この日展示館横の側溝のモリアオガエルがひときわ大きく鳴いていたので、どうしたのかと近寄ると・・大きなシマヘビがおりました。モリアオガエルを狙ってやってきたようです。何とかしたいのはやまやまですが、ヘビも生きていかねばならない。これも生物多様性、捕るもの捕られるもののバランスで成り立つ自然界の厳しさを学ぶ重要な事。側溝では産卵真っ最中のカエルも見え、心の葛藤をしながらも数日間その場から動かないシマヘビとモリアオガエルの行く末を見守っておりました。一匹食べられてしまいましたが、蛇は満足する事なくまだしばらくいるようです。しばらく葛藤の日々は続きそうです(^_^;)

シマヘビvsモリアオガエル_その一
モリアオガエルのいる場所に現れたシマヘビ。

シマヘビvsモリアオガエル_その二
モリアオガエルを狙うシマヘビ(左下)と産卵中のモリアオガエル(6月23日)

シマヘビvsモリアオガエル_その四
こんな顔で見られたら追い出すわけにもいかず・・。

  ページの先頭へ戻る

平成29年6月19日(月曜日) 観察日記~アサギマダラ~

 今年も展示館ではアサギマダラの卵を持ってきて観察をしております。この日卵を見てみると先のほうが黒い。「もしや生まれる?」とワクワクしながら待っておりました・・が待てど暮らせど生まれない。翌日出勤したら生まれていました(-_-)そんなものです、はい。そしてみるみるうちに成長しております。

アサギマダラの卵
先のほうが透明になり黒い頭が見えてきました。(6月19日)

アサギマダラ幼虫
次の日に誕生した幼虫。
まだ殻が少し残っていました。(6月20日)

アサギマダラ幼虫_その二
模様が見え始めました。約6mmまで成長。(6月23日)

アサギマダラ幼虫_その三
10日で約12mmほどの大きさになりました。(6月30日)


ページの先頭へ戻る

平成29年6月23日(水曜日) モリアオガエルの産卵

 相変わらずヘビに狙われているモリアオガエルですが、こちらも子孫を残すために隠れてもいられません。駐車場の側溝にどんどんと卵が増えていっております。この日も卵があるかな~?と覗いたらまさに産卵の真っただ中。モリアオガエルはメスの背中にオスがつかまり(抱接行動)、オスは体を震わせて産卵を促します。メスが泡状の卵を産むと、オスはその泡に精子を混ぜ後ろ足でかき混ぜ受精させます。卵は見ますが、産卵はなかなか見られないものだったので、面白い観察ができました。

シマヘビvsモリアオガエル_その三
二組のカップルが産卵中でした。
下のほうの白い部分が産んだばかりの卵。
産んですぐに足で器用に泡を混ぜていました。

モリアオガエル卵塊
今年もトンネル入り口のほうきにしっかりと産卵されていました。
・・大丈夫なんだろうか。(6月24日)

ページの先頭へ戻る

平成29年6月27(火曜日) 異種間の恋?

 7月15日(土曜日)から始まる「夏の中宮 水遊びdays」の時に展示する「中宮の生き物」を探して、この日モリアオガエルのオスを一匹捕まえました。ケースに入れてナガレタゴガエルのケースの横に置いたところ・・ナガレタゴガエルが異常なほどにモリアオガエルに興味を示し、モリアオガエルの動くところをずっと見つめ、追いかけ始めました。「こ・・これはもしやナガレタゴガエルさんはモリアオガエルに恋しちゃったのかしら(*^^*)」なんて言いながら見ていた横でHさんの「ナガレもオスじゃない?エサかなんかと間違えてるんじゃない?」という一言。しばらく観察しながら、「もしこの二匹を一緒にしたらハイブリッドが生まれるかも・・。」なんていう私とMさんの夢は早々に絶たれました(^-^;

ナガレタゴガエルとモリアオガエル
モリアオガエルの背後からずっとこの状態で見つめるナガレタゴガエル。

ページの先頭へ戻る

ガイドウォーク

 中宮展示館では、土、日、祝にガイドウォークを実施しています。また、7月15日(日曜日)から23日(日曜日)の「夏の中宮 水遊びdays」でもガイドウォークを実施する予定です。ぜひ遊びに来てください。

ガイドウォーク_その一

ガイドウォーク_その二

ページの先頭へ戻る

平成29年6月30日(金曜日) 6月16日~6月30日に観察

観察された植物

観察できた

ヒメウツギ、キヌタソウ、ヒメジョオン、シロツメグサ、ハナニガナ、ササユリ、バイカウツギ、ケナシヤブデマリ、ヒメヘビイチゴ、ムラサキサギゴケ、キタマムシグサ、タニウツギ、イヌガラシ、ハルジョオン、コナスビ、ウマノミツバ、カエデドコロ、ヤマボウシ、オオナルコユリ、トリアシショウマ、キリンソウ、シモツケ、アキカラマツ、ホナガクマヤナギ(実)、ナンテンハギなど

観察された動物

哺乳類  
鳥類 ホオジロ、キセキレイ、コゲラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、イヌワシ、トビ、キジバト、シジュウカラ、ハシブトガラス、カケス、イワツバメ、オオルリ、メジロ、カッコウ、キビタキ(鳴)、ウグイス(鳴)、サンショウクイ(鳴)、イカル(鳴)、アオバト(鳴)、ホトトギス(鳴)、ツツドリ(鳴)、トラツグミ(鳴)、アカショウビン(鳴)、ドラミングの音など
爬虫類 シマヘビ、ヤマカガシ、アオダイショウ、カナヘビなど
両生類 カジカガエル、モリアオガエル
昆虫

オナガアゲハ、カラスアゲハ、ナミアゲハ、キアゲハ、ウスバシロチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、ルリタテハ、アカタテハ、シータテハ、テングチョウ、アサギマダラ、サカハチチョウ、ミドリヒョウモン、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、イチモンジチョウ、アサマイチモンジ、コミスジ、スミナガシ、ヒオドシチョウ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ、ルリシジミ、トラフシジミ、ツバメシジミ、コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ、ヒメキマダラセセリ、アゲハモドキ、ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、コアオハナムグリ、マヤサンコブヤハズカミキリ、アキアカネ、ツノアオカメムシ、オトシブミ、オオゾウムシ、コマルハナバチ、オオミズアオなど

その他

サワガニ

ページの先頭へ戻る

花暦

フタリシズカ
フタリシズカ(6月17日)

バイカウツギ
バイカウツギ(6月22日)

シモツケ
シモツケ(6月22日)

ササユリ 
ササユリ(6月22日)

サルナシ
サルナシ(6月26日)

ナンテンハギ 
ナンテンハギ(6月26日)

 

  ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

ヤマカガシ
ヤマカガシ(6月17日)

ナミアゲハ
ナミアゲハ(6月19日)

カッコウ
カッコウ・・のおしり(6月19日)
悔しかったので載せました。

 スミナガシ
スミナガシ(6月19日)

トラフシジミ
トラフシジミ(6月20日)

アゲハモドキ
アゲハモドキ(6月20日)
チョウに見えますが蛾の仲間です。

カナヘビ
カナヘビ(6月23日)

 ヒメキマダラセセリ
ヒメキマダラセセリ(6月24日)

 

アサマイチモンジ
アサマイチモンジ(6月28日)

オオミズアオ
オオミズアオ(6月28日)

 

  ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?