• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成28年11月1日~11月13日

ここから本文です。

更新日:2016年11月25日

中宮展示館  自然情報  平成28年11月1日~11月13日

平成28年11月2日(水曜日) 思いがけない共演

 この日は良いお天気で紅葉日和だったのですが、写真を撮りに来ていたYさんから「あそこにスミレが咲いてたよ」と の情報が。「この時期に?」と教えてもらった場所に行ってみると、2株花が咲いていて、思わぬ花と紅葉のコラボレーションが見られました。しかし、なぜこの時期にスミレが咲いたかは謎です。別の日には紅葉とイヌワシの共演も見られました。

紅葉とスミレ
スミレとモミジの共演。

紅葉の猿ヶ浄土を飛ぶイヌワシは→コチラ

ページの先頭へ戻る

平成28年11月2日(水曜日) 白山の初冠雪

 この日昨年より少し遅く白山の初冠雪が確認されたということで、もしかしたらまた紅葉と雪の白山が見られるかも・・と淡い期待を抱いて白山白川郷ホワイトロードへ行ってみました。残念ながらそのコラボレーションが見られる場所では紅葉が終わってしまっていて一緒に見ることはできませんでしたが、雪を被った白山はきれいに見られました。

WR_白山初冠雪
雪におおわれた白山。

WR_ホワイトロード紅葉その一
国見台展望広場から見たホワイトロード。
奥の三角にそびえる山は妙法山。

WR_ホワイトロード紅葉その二
姥ヶ滝付近ではまだ紅葉が楽しめました。

WR_ホワイトロード渋滞
全線通行出来る最後の土日は展示館前まで長い行列が見られました。(11月5日)

  ページの先頭へ戻る

 平成28年11月6日(日曜日) 群れ

 夕方、突然展示館の前のケヤキの木が賑わしくなり、何事かと見上げるとそこにはアトリの群れがかなりの数でエサをついばむ姿がありました(鳥の姿は蛇谷の生き物参照)。アトリは冬にシベリア方面から渡ってくる渡り鳥で、ここでも時折小さな群れで飛んでいるのは確認できるのですが、まさかこんな近くの木で見られるとは思っておらず、思わぬ出来事に近くにいたお客様としばらく木を見上げていました。鳥自体はスズメよりほんの少し大きい位ですが、群れでいっせいに飛び立つ様子は迫力がありました。

アトリの群れ_その一
近くの木にとまるアトリの群れ(11月6日)

アトリの群れ_その二
飛び立つアトリの群れ(11月6日)
飛び立つ瞬間の様子は→コチラ

ページの先頭へ戻る

平成28年11月10日(木曜日) 空を見上げたら・・

 この日の少し寒い朝、お客様に声をかけられ外に出て空を見上げたらほぼ同時刻に“幻日(げんじつ)”と“環天頂(かんてんちょう)アーク”という現象が見られました。幻日は太陽と同じ高さで太陽から離れた位置に光が見える現象、環天頂アークは太陽の上に虹のようなものが現れる現象です。環天頂アークは様々な条件上、太陽高度が30度を超えると見えないと言われているため、見られるのは朝か夕方のごくわずかな時間に限られます。またその形から“逆さ虹”とも言われます。どちらも展示館でなくとも条件が合えば見られますが、比較的珍しい現象です。思いがけず朝から空の天体ショーを楽しむ事が出来ました。たまにはゆっくり空を眺めてみるのも面白いですね。

幻日
山の左側に現われた幻日。太陽は山の右側の同じ高度にあります。 

環天頂アーク_その一
太陽の上に現われた環天頂アーク。
太陽を囲むように幻日と環天頂アークが見られました。
反省・・太陽を入れればもっと分かりやすかったですね(^^ゞ

 ページの先頭へ戻る

平成28年11月9日(水曜日) わざとなのか・・?

 来年の春までしばらくさようなら。そう思うとここのサルたちもより一層可愛く思えてきます。そんな気持ちを知ってか知らずか、相変わらずマイペースに姿を見せてくれるサルたちは今からの厳しい冬に向けてエサを食べるのに夢中です。
 この日の朝も30匹近くが展示館の前を移動していました。移動が終わった頃をみはからって展示館前の橋で写真を撮っていたのですが、ふと前を見ると1匹の大きなサルが橋の欄干を歩きながらこちらに向かってくるではないですか。「え?ちょっと!人間がここにいますよ~!!さっき仲間は向こうにいきましたよ~!」とアピールしてみるも、サルは全く躊躇することなく更に進んでくる。いくら一匹とはいえやはり野生動物、怖いです。そして気づけばサルが2匹に増えている。帰れない・・どうしよう(泣)とドキドキしながらそこから動けずにいると、こちらに向かってきていたサルが橋の真ん中辺りで突如体を揺さぶって橋を揺らすではないですか!え?新手の威嚇?と思いがけない行動にビックリしていると更にこちらに向かってくるサル。襲われる・・と覚悟を決めて(?)襲われたら襲われたで記録に残しておこうと、意味が分からない使命感にかられカメラを回しましたが、サルは私の方を見向きもせずすぐ横を渡っていきました。この子、怖がってる私を見てわざと遊んでいるなと感じずにはいられませんでした。でも、もしかしたらこの子なりのしばしの別れの挨拶かもしれない…。うん、きっとそう。ポジティブに考えることにした私なのでした。

サル_その二
すごい恰好で実をとっています。(11月2日)

サル
毛づくろいされるサル。気持ちが良いのか半目(笑)(11月6日)

サル_その四
紅葉の写真を撮っていると何かが見えた。(11月9日)

サル_その五
そこそこ大きいサルがこちら向かってくる。(11月9日)

サル_その六
気づけばもう一匹。帰れない・・。(11月9日)
その後左のサルが更にこちらに向かってきて橋を揺らされました。
揺らされた後、すぐ横を通るサルは→コチラ

ページの先頭に戻る

平成28年11月9日(水曜日) 紅葉と初冠雪

 この日はかなり冷え込み、とうとう展示館周辺でも初冠雪が見られました。冬の到来ですね。朝から降っていたみぞれが次第に雪へと変わり、ほんの少しの晴れ間には白く染まった猿ヶ浄土と紅葉を見る事が出来ました。

紅葉と雪_展示館前
展示館前もうっすらと雪が積もりました。

紅葉の猿ヶ浄土
山の上もまだ紅葉が楽しめましたが・・。(11月5日)

初冠雪の猿ヶ浄土
猿ヶ浄土の半分が雪に覆われました。(11月9日)

ヤマモミジと雪
展示館前のヤマモミジにもうっすらと雪が積もりました。

紅葉と雪_ヤマモミジ
三色コラボも見られました。

ページの先頭へ戻る

平成28年11月13日(日曜日) 閉館

 白山白川郷ホワイトロードが一部区間の通行を13日まで延長したのに伴い、展示館も合わせてこの日まで開館し、最後まで沢山のお客様にご来館頂きながら閉館を迎えることができました。この日もホワイトロードはふくべの大滝まで通行でき、最後の紅葉を楽しむように車の列が続いていました。
 展示館周辺でも良い天気に恵まれたこともあり、一時駐車場が満車になるなど沢山のお客様で賑わっていました。
今年も三回にわたって実施した白山麓daysなど、季節ごとに様々な企画を行い、多くの方に中宮の自然を楽しんで頂けました。ご来館頂いた方々を始め、関係各位には本当にお世話になりました。ありがとうございました。来年もまたぜひ遊びに来て下さい。お待ちしております。

展示館外観

ページの先頭へ戻る

 


 平成28年11月13日(日曜日) 11月1日~11月13日に観察された植物

観察された
花・実

サワアザミ、スミレ、マムシグサ(実)、アクシバ(実)、タラノキ(実)、キハダ(実)、コマユミ(実)、マユミ(実)、クサギ(実)など

 観察された動物

哺乳類

ニホンザル、ホンドタヌキ、ホンドキツネ、ニホンリス、ニホンアナグマ、ニホンイタチ、コウモリの仲間

鳥類 イヌワシ、カケス、アトリ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ジョウビタキ、カワガラス、アオバト、オオアカゲラ、ヒガラ、コゲラ、ノスリなど
昆虫

ルリタテハ、キタキチョウ、アキアカネなど

ページの先頭へ戻る

蛇谷の生き物 

ジョウビタキ
ジョウビタキ(11月4日)

アトリ
アトリ(11月7日)

ホンドキツネ
ホンドキツネ(11月8日)

ホンドタヌキ
ホンドタヌキ(11月8日)


ページの先頭へ戻る

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?