• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成28年9月1日~9月15日

ここから本文です。

更新日:2016年9月28日

中宮展示館  自然情報  平成28年9月1日~9月15日

◆◇◆トピックス◆◇◆

平成28年9月1日(木曜日) 今年は多い・・  

今年はあちこちで蜂の巣が多いと聞きます。ここも例外ではなく、先月後半あたりからいくつか目にするようになってきました。危険な場所などはすぐに駆除したりしていますが、今年は捕ってもまたすぐ再生する場合も多く注意が必要です。比較的木の高い所などに作るキイロスズメバチは巣も分かりやすいので注意も出来ますが、オオスズメバチのように地面の中に作るものはうっかり踏んでしまうと大変危険です。むやみに藪の中へ行ったりしないよう十分注意して下さい。右下のリンク、「スズメバチに気をつけましょう」も参考にしてください。

スズメバチに気をつけましょう

スズメバチの巣_その一
これは木の高い所に作られたキイロスズメバチの巣。
一度獲ったのですが、すぐ再生されてしまいました。

スズメバチの巣_その二
一見何もない木にみえますが・・

スズメバチの巣_その三
少し違う位置から見るとチャイロスズメバチが洞に巣を作っています。

スズメバチの巣_その四
これは駆除したキイロスズメバチの巣。
ラグビーボールほどの大きさで4段の巣が作られていました。

ページの先頭へ戻る

平成28年9月6日(火曜日) お母さん頑張れ!

 展示館から観察路へ行こうとしたらふと足元で何かが動いた。よく見るとサワガニが館内に入ってきていました。「お外へ行きなさい」とつかもうとした時にびっくり。このサワガニ、おなかにいくつも卵を抱えていました。安全な場所へ避難してきたのでしょうか?
そっと茂みの中に放しましたが、無事育ちますように・・。頑張れお母さん!

サワガニ
おなかに沢山卵を抱えていました。

ページの先頭へ戻る

平成28年9月9日(金曜日) 意外な場所に・・

 観察路や展示館周辺の見回りをしていると、たまに意外な行動をとったり、「え?こんなところに?」と思うような場所に痕跡があったりします。そういうのを見つけたり、目撃したりするのも自然観察の面白さですね。

ミドリヒョウモン_産卵
ミドリヒョウモンがクルミの木に産卵。
食草でもないのに幼虫は育つのかな?(9月4日)

オオルリの巣
配電ボックスの上にあったオオルリの巣。
今年はこんな場所に作っていたんですね。(9月9日)

ページの先頭へ戻る

平成28年9月10日(土曜日) レンジャー写真展

この日からレクチャーホールにて中部地方の3か所(国指定藤前干干潟鳥獣保護区、白山国立公園、伊勢志摩国立公園)の自然を守るレンジャーとアクティブ・レンジャーさん達が撮影した自然の風景や生き物の写真展が開催しています。9月25日(日曜日)まで開催しておりますので、ぜひお越し下さい。右下写真展ポスターのリンクもご覧ください。※レンジャー・・法律に基づき国立公園、鳥獣保護区などで自然の保護や調査などを行なう環境省職員。アクティブ・レンジャー・・レンジャーを補佐する人。

レンジャー写真展 2016(PDF:1,557KB)

レンジャー写真展
めずらしい植物や生き物などの写真がズラリ。
常に巡視されているだけあって、素敵な写真ばかりです。

ページの先頭へ戻る

平成28年9月10日(土曜日) 近くをつがいで

 この日いつもより近くの場所をイヌワシが飛びました。しかもつがいは久しぶりです。元気な姿が見られてよかったです。

イヌワシ_つがい

ページの先頭へ戻る

平成28年9月11日(日曜日) 走る!

 この日は第四回「白山白川郷ホワイトロードウルトラマラソン」が開催されました。多くのランナーが次々と展示館の前を走りぬけていきました。ホワイトロードの料金所で気温は19℃。少し肌寒いようなお天気でした。
それにしてもチャレンジされているランナー達は凄い!100kmコースだと折り返しで展示館前を通過する頃で約80km以上は走っている事になりますが、皆さん力強く走られていてビックリです(3kmでも自信のないA・・)。思い思いの衣装で走る方もいたり、皆さんとても楽しまれていました。来年は一部コースが変更になるみたいですね。ランナーの皆様、関係者の皆様本当にお疲れ様でした。

ウルトラマラソン_その一
展示館前を走り抜けていきます。

ウルトラマラソン_その二
料金所手前では白山手取川ジオパークのキャラクター「ゆきママとしずくちゃん」も応援!

ウルトラマラソン_その三
料金所を過ぎた所。ここからさらに奥の山を越えていきます。
標高差約800mの山越えです。

ウルトラマラソン_その四
展示館横の駐車場では地元の方々による「へとつき音頭」が行なわれ
ランナーさん達を応援していました。
地元のお笑いタレント、ぶんぶんボウルさんも一緒に加わって応援してくれていました。
へとつきの方「今日はぶんぶん丸さんも来てくれました~!」
ぶんぶんボウルさん「違~う!ぶんぶん“ボウル”!」
へとつきの方「あ~ゴメン、ゴメン。じゃあぶんぶん丸さんいきましょう!」
ぶんぶんボウルさん「お~い!(笑)」
・・このやりとりかなり面白かったです(笑)

ウルトラマラソン_その五
この方が今年の優勝の方。
展示館前を10時30分に走り抜けていきました。(スタートは4時)
二位の方は15分後、三位の方は一時間後に通過。
いかにこの方が早かったか。素晴らしい走りでした。

ページの先頭へ戻る

平成28年9月11日(日曜日) 応援しつつ今年も・・

 ウルトラマラソンのランナーさん達を応援している時、ふと見覚えのあるキノコが視界に入ってきた・・。「どうしよう。今年はキノコの先生がいない。でもこれは絶対食べられる」そう確信し、ランナーさんを応援しつつも収穫してしまいました。一夜経てば毒キノコになってしまうと言われるササクレヒトヨタケ。隣の林道事務所の方も巻き添え・・いえ、一緒に食べてもらいました。中々のお味でしたよ(*^_^*)

ササクレヒトヨタケ_その一
ササクレヒトヨタケ(9月10日)

ササクレヒトヨタケ_その二
奥が上の写真のキノコ。一日で黒ずみ、毒キノコになります。
今回は手前のキノコを収穫。
ササクレヒトヨタケ_その三
今回はマヨネーズ炒めにしてみました。

ページの先頭へ戻る

平成28年9月14日(水曜日) ○○を探せ!~自然編~

 展示館の周りではいろんな生き物を見ることが出来ますが、今回はよ~く見てみないと分からない場所にいた生き物たちを紹介。

モリアオガエル_その一
展示館の外壁。よ~く見ると・・
モリアオガエル_その二
いた。モリアオガエルがウトウト。。。(9月4日)

カナヘビ_その一
こちらも外壁。ん?何かいる。

カナヘビ_その二
カナヘビの赤ちゃんがいました。(9月13日)

アオダイショウ_その一
草むらの中から視線が・・。

アオダイショウ_その二
アオダイショウでした。ち・・近い(>_<)(9月14日)

ページの先頭に戻る

平成28年9月14日(水曜日) ○○を探せ!~館内脱走編~

 こちらは館内で飼育中の生き物がいなくなった時の様子。ある意味恐怖体験でした(^^ゞ

ノトマイマイ_その一
朝出勤したらノトマイマイの飼育ケースの蓋が開いていて中はカラッポ。

ノトマイマイ_その二
恐るべき直感。なんか怪しい・・。

ノトマイマイ_その三
いた。しかも驚く事に雑誌の紙を食べ、紙の色のフンまでしていました。(9月8日)

ヤママユ_その一
忘れていたヤママユの蚕からヤママユが誕生していた。
閉館時間になっても飛び立つ様子がないのでそのまま放置。(9月13日)

ヤママユ_その二
次の日の朝、そこにいなかった時のAの恐怖分かりますか?(笑)
どこかにいる。そこからビクビクしながら館内をくまなく捜査。そして・・

ヤママユ_その三
見つけた。あまり移動せずにいてくれました。
すぐ捕獲して外に放してあげました。
教訓、帰りには外に放してから帰りましょう。

ページの先頭に戻る

観察された植物

観察された
植物

ハクサンアザミ、サワアザミ、キンミズヒキ、ミズヒキ、サラシナショウマ、ツリフネソウ、ツルボ、ツユクサ、アシ、ススキ、アキノノゲシ、クズ、ゲンノショウコ、ナンテンハギ、ノブキ、ヤブマメ、ハナタデ、アカネ、オオカニコウモリ、アキノキリンソウ、カワミドリ、ホツツジ、オクモミジハグマ、シロヨメナ、アキギリ、モミジガサ、ノササゲ、ミツバベンケイ、ヤブツルアズキ、ミヤマニガウリ、ネナシカズラ、アクシバ、サンインヒキオコシ、クサボタン、ミズタマソウ、クロバナヒキオコシ、チジミザサ、トモエシオガマ、タムラソウ、カタバミ、オトコエシ、キツリフネ、カワラハハコ、ヌスビトハギ、アカソ、イノコズチなど

観察された動物

哺乳類 ニホンザル
鳥類

イヌワシ、キセキレイ、トビ、カワガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、キジバト、アカゲラ(鳴)、アオゲラ(鳴)、カケス(鳴)、イカル(鳴)ドラミングの音など

爬虫類

シマヘビ、ニホントカゲ、カナヘビ、アオダイショウ

両生類 カジカガエル(幼)
昆虫

キアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、サカハチチョウ、ミドリヒョウモン、アカタテハ、シータテハ、ルリタテハ、アサマイチモンジ、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ツマジロウラジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ、コミスジ、アサギマダラ、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ、ベニシジミ、ルリシジミ、ヤマトシジミ、ウラギンシジミ、ウラナミシジミ、ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、オニヤンマ、アキアカネ、キイロスズメバチ、キリギリス、コオロギ、オンブバッタ、フキバッタ、ツノアオカメムシ、クチブトアオカメムシ、ヤママユ、アブラゼミ、ミンミンゼミ(鳴)、など

その他 サワガニ

ページの先頭へ戻る

花暦

ネナシカズラ
ネナシカズラ(9月4日)

サワアザミ
サワアザミ(9月4日)

アキギリ
アキギリ(9月6日)

 ハリギリ
ハリギリ(9月6日)

ツリフネソウ
白いツリフネソウ(9月6日)

ツルマメ
ヤブマメ(9月6日)

ミツバベンケイソウ
ミツバベンケイソウ(9月7日)

ミヤマニガウリ
ミヤマニガウリ(9月7日)

オヤマボクチ
オヤマボクチ(9月9日)

サンインヒキオコシ
サンインヒキオコシ(9月9日)

 

ページの先頭へ戻る

 いろんな実

アケビ
アケビ(9月6日)

アクシバ
アクシバ(9月6日)

ミヤマガマズミ
ミヤマガマズミ(9月9日)

ネジキ
ネジキ(9月9日)

サワフタギ
サワフタギ(9月9日)

 

 

ページの先頭へ戻る 

蛇谷のいきものたち

ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ(9月1日)

コチャバネセセリ
コチャバネセセリ(9月1日)

クチブトアオカメムシ
クチブトアオカメムシ(9月2日)

 ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン(9月5日)

アブラゼミ
アブラゼミ(9月6日)

 ツマジロウラジャノメ
ツマジロウラジャノメ(9月12日)

 

  ページの先頭へ戻る  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?