• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成28年6月16日~6月30日

ここから本文です。

更新日:2016年7月11日

中宮展示館  自然情報  平成28年6月16日~6月30日

◆◇◆トピックス◆◇◆

平成28年6月16日(木曜日) そこじゃなくて・・

 この日の朝出勤してきて、スタッフの出入り口の上をふと見たら、なんとキセキレイが巣を作っていました。しかも誰も気づかないうちに巣は完成していました。さて困ったどうしようかと様子をうかがっていると、キセキレイもさすがに人の出入りが多いと思ったのか、この巣は放棄したようでした。何だか申し訳ない気分で数日過ぎた頃、なんと今度は事務所の窓の上に巣を作っておられました。え~っとぉ、そこじゃなくて、もう少し他にも場所はあると思うんですが・・。またもやどうしようと悩んでいましたが、やはりこちらも途中で放棄したようです。どうかもう少し人目につかない場所で作っていただけますように(^_^;)

キセキレイの巣_その一
出入り口のすぐ上に作っていました。

キセキレイの巣_その二
もしや卵があったらどうしようと見てみましたが卵はありませんでした。
でも巣材の藻がまだ緑なので作ったのは最近ですね。

キセキレイの巣_その三
数日後、今度は事務所裏の窓の上に作っておられました。(6月20日)

 

 

 

【番外編】

モリアオガエルの卵塊
モリアオガエルもそこではなくって・・な場所で卵を産んでいました。
これオタマジャクシちゃんと落ちてくるんだろうか(^_^;)

 

 ページの先頭へ戻る

平成28年6月19日(日曜日) 観察日記~アサギマダラ~

 先日から観察をしているアサギマダラの幼虫はどんどん成長し、この日で体長約3cmまで大きくなりました。観察していると改めて昆虫たちの成長の早さにビックリしますね。そして23日に蛹になったのですが・・・ここで事件が(笑)。中々決定的な瞬間というのは見れないものです(>_<)

アサギマダラ_その一
一週間で約3cmまで成長しました。(12日で1.2cmでした)

アサギマダラ_その二
23日の朝この状態に。蛹になる直前の前蛹という状態です。
ここでの13時頃の会話。
A「蛹になる瞬間見てみたいですね」
H「この子らはほとんどが夜に蛹になるからそれは中々見れないよ。」
A「そうなんだ。でも見てみたいなあ」

アサギマダラ_その三
約1時間30分後・・。
A「なってるし\(◎o◎)/(笑)」

その後しばらくは色んな人に蛹になる瞬間を見れなかった事を
Hさんのせいにして話をするAの姿がありました。


ページの先頭へ戻る

平成28年6月19日(日曜日) 観察日記~クロヒカゲ?~

 こちらも先日から観察している謎の幼虫ですが、どうもクロヒカゲではないかという予想がついてきました。こちらは思いのほか成長が緩やかで少し心配です。でも少しずつ大きくはなっているのでもう少し観察を続けてみます。

クロヒカゲ_その一
約1.3cmまで成長しました

クロヒカゲ_その二
5日間で約1.7cmまで成長しました。(6月24日)

ページの先頭へ戻る

平成28年6月22日(水曜日) 珍しいヘビ

 朝、観察路出入り口の扉を開けようとしたところ、扉の隙間に珍しい蛇がいました。シロマダラという小さな蛇で、日中は隙間などで過ごすため中々姿を見られない蛇です。とても綺麗な模様でした。

シロマダラ

ページの先頭へ戻る

平成28年6月27日(月曜日)  近くを飛んだ

 この日は特別ガスがかかっていたわけではなかったのですが、イヌワシがかなり近くを飛んでくれました。(山の上の方にガスがかかると、時折その下の低い場所を飛ぶ時があります)

イヌワシ

 

ページの先頭へ戻る

白山白川郷ホワイトロードの花たち

 そろそろ白山白川郷ホワイトロードの花も気になってきたので観察に行ってきました。今年はやはり花がいつもより早めに咲きだしているようで、まだ見られないと思っていた花が見られました。それだけでなく、朝早めに行くとハヤブサが見られることもあります。さらに、7月から土日祝日には「絶景カフェ」が始まります。まだまだ楽しみが一杯な白山白川郷ホワイトロードへぜひ遊びに来てくださいね。あ、もちろん中宮展示館にもお寄り頂けると嬉しいです(笑)

白山白川郷ホワイトロードの花たち

WR_アカモノ
アカモノ

WR_イブキジャコウソウ
イブキジャコウソウ

WR_イワオウギ
イワオウギ

WR_ウチョウラン
ウチョウラン

WR_クモキリソウ
クモキリソウ

WR_ノビネチドリ
ノビネチドリ

WR_ハクサンタイゲキ
ハクサンタイゲキ

WR_ハクサンチドリ
ハクサンチドリ

WR_ミヤマカラマツ
ミヤマカラマツ

WR_ミヤマトキソウ
ミヤマトキソウ

WR_ムシトリスミレ
ムシトリスミレ

WR_モミジカラマツ
モミジカラマツ

 

ページの先頭へ戻る 

平成28年6月30日(木曜日) 6月16日~6月30日に観察

観察された植物

観察できた

イヌトウバナ、オカトラノオ、エゾアジサイ、ダイコンソウ、ウマノミツバ、ウメガサソウ、ホタルサイコ、ソバナ、キリンソウ、ドクダミ、クモキリソウ、キヌタソウ、シオデ、ヒメジョオン、ホタルブクロ、ムラサキシキブ、タマガワホトトギス、コナスビ、ナンテンハギ、シロツメグサ、ハナニガナ、ササユリ、ツルアリドウシ、アカショウマ、バイカウツギ、など

観察された動物

哺乳類 ニホンザル、ヒメネズミ
鳥類 ホオジロ、キセキレイ、アカゲラ、コゲラ、コガラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、イヌワシ、トビ、キジバト、シジュウカラ、カワガラス、ハシブトガラス、カケス、イワツバメ、アマツバメ、キビタキ(鳴)、ウグイス(鳴)、サンショウクイ(鳴)、イカル(鳴)、センダイムシクイ(鳴)、アオバト(鳴)、ホトトギス(鳴)、メジロ(鳴)、ツツドリ(鳴)、ジュウイチ(鳴)、アオゲラ(鳴)、トラツグミ(鳴)、オオルリ(鳴)、ドラミングの音など
爬虫類 ヤマカガシ、アオダイショウ、シロマダラ、カナヘビなど
両生類 カジカガエル、モリアオガエル
昆虫

オナガアゲハ、カラスアゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、スジボソヤマキチョウ、ルリタテハ、アカタテハ、シータテハ、テングチョウ、サカハチチョウ、ミドリヒョウモン、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、イチモンジチョウ、コミスジ、ヒメウラナミジャノメ、ヒメシジミ、ルリシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、コキマダラセセリ、コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ、ヒメキマダラセセリ、キマダラセセリ、ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、コクワガタ、スジクワガタ、センチコガネ、マヤサンコブヤハズカミキリ、アキアカネ、ミヤマカワトンボ、シオカラトンボ、トゲアリ、ツノアオカメムシ、オトシブミなど

その他

サワガニ、クロイワマイマイ

ページの先頭へ戻る

花暦

キリンソウ
キリンソウ(6月20日)

ホタルサイコ
ホタルサイコ(6月22日)

ウメバチソウ
ウメガサソウ(6月22日)

タマガワホトトギス 
タマガワホトトギス(6月24日)

ソバナ
ソバナ(6月27日)

 

 

  ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウ(6月17日)

ヒメキマダラセセリ
ヒメキマダラセセリ(6月18日)

カワガラス
カワガラス(6月19日)

 ヒメシジミ
ヒメシジミ(6月20日)

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ(6月20日)

オトシブミ
オトシブミ(6月22日)

キセキレイ
キセキレイ(6月23日)

 キマダラセセリ
キマダラセセリ(6月27日)

  ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?