• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成27年6月1日~6月15日

ここから本文です。

更新日:2015年6月24日

中宮展示館  自然情報  平成27年6月1日~6月15日

ページ2へ

◆トピックス◆

平成27年6月1日(月曜日) わっすれられないの~♪

 春は生き物たちにとっては“恋の季節”でもあります。暖かくなってくると沢山の昆虫たちが展示館の周りを飛び交うようになります。特に蝶は観察できる種類も増え、しばらく行動を観察しているとアチコチで求愛行動が見られるようになります。

アオハムシダマシ
アオハムシダマシ。とても綺麗な色の昆虫です(6月1日)

モンシロチョウ
モンシロチョウ(6月2日)

ウスバシロチョウ
ウスバシロチョウ(6月6日)

ウスバシロチョウのメス
ウスバシロチョウは交尾が終わるとオスはメスのお腹にふたを作ります。
これは「受胎囊(じゅたいのう)」と呼ばれ、メスが何回
も交尾しないようにするためのものとも言われています。

  ページの先頭へ戻る  

平成27年6月4日(木曜日) そして産卵

 メスは食草となる草に卵を生みます。沢山卵を産んでも食べられてしまったり、幼虫の食べる葉が少なくなってしまったりして、育つのは決して多くはないはずです。小さな卵を見ると、この生き物たちが育つ環境をずっと守っていかないといけないなと思います。

モンシロチョウの卵_その一
モンシロチョウの卵
1mmほどの小さな小さな卵です。この後事件が・・

モンシロチョウの卵_その二
その後もう一回見に行くと、なんと幼虫が誕生していた・・。
幼虫は生まれると殻を食べると聞いたが、本当に食べていました。
願わくば出てくる瞬間が見たかった(>_<)

スジグロシロチョウの卵
スジグロシロチョウの卵

ページの先頭へ戻る

平成27年6月4日(木曜日) こちらでも恋が・・

 閉館後展示館を出ると、いつもよりも大きく聞こえるモリアオガエルの声。何かあったのかな?と側溝を見ると・・出てきてる(@_@;) いつもはなかなか姿が見られないので、そっと近寄るとさらにびっくり。抱接されておりました※。メスの大きさにもびっくり。まるでマ○コさんのよう(?)
※抱接とはオスがメスの上に乗り産卵を促そうとする行為。するとメスが産卵場所までこの状態で移動し、泡のような塊(卵塊)を出し、そこにオスが放精し、足でかき回して受精されます。モリアオガエルの生息地では、木上でメス1匹に対しオスが数匹群がる姿を見る事があります。産卵時に他のオスよりもいち早く卵に放精するための体勢だと考えられているようです。

モリアオガエル抱接_その一
撮った時は気付かなかったが、背後にもう一匹いた。

モリアオガエル抱接_その二
メスは10cmを軽く超えていました。
お取り込み中ホントすみません。ご協力ありがとうございます。

 ページの先頭へ戻る

平成27年6月5日(金曜日) 森の妖精?

 ブナ平コースを散策しているとギンリョウソウがありました。毎年ここに数本出てくるのですが、今年はこれでもかと主張するかのように何本も出てきていました(笑)出過ぎ感は否めません。

ギンリョウソウ
何だか妖精が住んでいそうな感じです。

オニグルミ
パっと見た時何か新種の生き物か、はたまた未知の生き物かと慌てました(笑)
これはオニグルミの若い実です。

  ページの先頭へ戻る

平成27年6月6日(土曜日) ガイドウォーク

 6日と13日にガイドウォークを実施しました。ブナ平コースのギンリョウソウを見てビックリ(>_<)

ガイドウォーク
普段は見過ごしてしまう植物も、分かってくると散策が楽しくなりますね(6月6日)

ページの先頭へ戻る

平成27年6月7日(日曜日) 新しいガイドボランティアさん

 現在、石川県自然保護センターでは新たなガイドボランティアさんの養成講座を実施しており、この日第二回目が開催されました。5月23日、24日にもここ中宮展示館で実習が行われました。新たなガイドボランティアさんとして、また色々とお世話になるかと思います。よろしくお願い致します。

養成講座_その一

養成講座_その二
皆さん真剣に課題に取り組んでおります。

ページの先頭へ戻る

平成27年6月8日(月曜日) 新たな特技?

 展示館の外で双眼鏡を覗いていると、お客様から「何見ているんですか?」と声をかけられました。「あそこにチョウが止まっているので何のチョウかなと思って見ていました」と答えたら、「よくあんな場所にいるのわかりますね」と。たしかに昨年は特にチョウを注意して観察していたせいか、最近では飛んでいるチョウはもちろん、止まっているチョウも見つけるのが得意になってきました(自画自賛)。今度から特技を聞かれたら「チョウを見つけること」と答えてみます。きっと「・・え?」と二度聞きされると思います。それほど人の役にも立ちません。でもめげません(笑)。
 展示館へ来てカメラ片手に怪しい行動をしている人物がいたら勇気を出して「チョウですか?」と優しくお声をかけて頂けると嬉しいです(*^_^*)これらの昨年の成果について、研究報告にまとめました。私だってただチョウを追いかけているわけではありません(笑)。参考にして頂ければ幸いです。
中宮展示館で見られるチョウ→コチラ

観察_その一
二階の屋根の添え木にとまっています。こんな場所も見逃しません。

観察_その二
保護色で見にくい場所も逃しません(笑)

ページの先頭へ戻る

 

ページ2へ

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?