• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成26年9月16日~9月30日

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

中宮展示館  自然情報  平成26年9月16日~9月30日

平成26年9月30日 (火曜日) 9月16日~9月30日に観察された植物

開花

ミゾソバ、タムラソウ、クサボタン、ヤクシソウ、ゲンノショウコ、イワギク、アキノキリンソウ、ツリフネソウ、サワアザミ、ハクサンアザミ、ミズヒキ、キンミズヒキ、アカネ、ナンテンハギ、アキギリ、ススキ、シロヨメナ、サラシナショウマ、サンインヒキオコシ、ダイモンジソウ、エノコログサ、ノブキ、アメリカセンダングサ、ヨモギ、トモエシオガマ、オクモミジハグマ、カタバミ、ミヤマニガウリ、ネナシカズラ、オオバコ、ムカゴイラクサ、カワミドリ、キツネノゴマ、ツユクサ、ハナタデ、クロバナヒキオコシ、イヌタデ、アシ、ゴマナ、エゴマ、チヂミザサ、ヒメジソ、カラスノゴマ、アカソ、ゴマナ、ミヤマニガウリ、ヤブマメ、カワラハハコなど

観察された動物

哺乳類 ニホンザル、イタチ
鳥類 イヌワシ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、ヒガラ、カケス、カワガラス、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、ハシブトガラス、キジバト、ヒヨドリ、トビ、アカゲラなど
爬虫類

ヤマカガシ(幼)、カナヘビ

両生類 ヒダサンショウウオ、ヤマアカガエル、カジカガエル
昆虫 ミドリヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、アサギマダラ、サカハチチョウ、ツマジロウラジャノメ、クロヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ、コミスジ、ウラギンシジミ、アキアカネ、オニヤンマ、ミヤマクワガタ、ミンミンゼミ(鳴)、ツクツクボウシ(鳴)、センチコガネ、ツノアオカメムシ、アオクチブトカメムシ、フキバッタ、キリギリス、カマドウマ、カンタン、キマワリ、キイロアシナガバチなど
その他 サワガニ

ページの先頭へ戻る  

花暦

ミヤマニガウリ
ミヤマニガウリ(平成26年9月16日)

ヤブマメ
ヤブマメ(平成26年9月16日)

イワギク
イワギク(平成26年9月17日)

アキギリ 
アキギリ(平成26年9月26日)

サワアザミ
サワアザミ(平成26年9月26日)

ミゾソバ
ミゾソバ(平成26年9月29日)

 

  ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

ツノトンボ
ツノトンボ(平成26年9月16日)

ハクセキレイ
ハクセキレイ(平成26年9月24日)

ツノアオカメムシ
ツノアオカメムシ(平成26年9月24日)

アオクチブトカメムシ 
アオクチブトカメムシ(平成26年9月27日)

ヒメキマダラヒカゲ
ヒメキマダラヒカゲ(平成26年9月28日)

ツマジロウラジャノメ
ツマジロウラジャノメ(平成26年9月28日)

 

  ページの先頭へ戻る  

平成26年9月16日(火曜日) 新たに加わりました

 中宮展示館に新たな展示が加わりました。アカショウビンの剥製です。この鳥は今年の春、中宮温泉のくろゆり荘の近くで何かにぶつかって死んでしまっていたものです。アカショウビンはその独特の鳴き声、中々姿を見ることができないが故に人気の高い鳥で、くろゆり荘の方がぜひにと寄贈してくださいました。大事に展示させて頂きたいと思います。

アカショウビン_展示

ページの先頭へ戻る

平成26年9月17日(水曜日) 忘れていてごめんなさい

  朝受付のテーブルを見ると何か違和感。ものすごく見られている気がする。忘れてなかった?と訴えられているような眼差しでその子は花にぶらさがっていました。たしかにバタバタしていて、カブトムシたちも全て羽化したのですっかり存在を忘れていたのは事実です。ごめんなさい。で・・でも無事羽化してくれてよかったです(^^ゞ

クスサン_その一
「クスサン」という蛾。ヤママユの仲間です。

クスサン_その二
木の上にあるのが蛹。網目状が特徴です。
しばらく外でじっとして、その後飛び立ちました。

ページの先頭へ戻る

平成26年9月19日(金曜日) 賑やかに大移動~サルその一~

  この日、もう閉館時間も迫った時間に展示館の後ろが賑やかしい。近いな~と事務所の窓から覗くとすぐそこでエサを食べていました。建物の中からだとあまり気にならないのかしら。

サル_その一
家○婦は見た?

サル_その二
親は食べるのに夢中。子ザルはジッとこちらを見ていました。

子ザル
子ザルはただいまワンパク盛り

ページの先頭へ戻る

平成26年9月20日(土曜日) キタ~~っ!!

  前回お客様からイヌワシの若鳥を見たとの情報を頂いてから、日々淡い期待を抱いて空を観察していましたが、それは突然やってきました。うわっ!幼鳥が飛んでる!!
 今年生まれの若君は、羽が半分ほど白くすぐに若鳥と分かります。この日はなんと親鳥と一緒に飛んでいて(残念ながら親は1羽でした)、まるで親が狩りの仕方を教えているかのようで、若君はずっと親の後を追っていました。
イヌワシは通常巣立ちから数か月は親と一緒に過ごし、しばらくは親がエサを与えます。でも、次の年になるまでには親の縄張りから離れ、他の場所で生きていかなくてはなりません。
 なので、この猿ケ浄土の上空を飛ぶのも今だけ。とても貴重な姿なのです。そしてたとえ親離れをしても成鳥になる3年ほどまでに死んでしまう確率も少なくありません。どうかこの若君は無事に頑張って生きていってほしいと願わずにはいられません。

イヌワシ幼鳥
ちょっと分かり辛いですが、羽の白いのが確認できます。

イヌワシ_幼鳥二
※写真協力:Y様

イヌワシについては→コチラ

ページの先頭へ戻る

平成26年9月21日(日曜日) 第二回ウルトラマラソン

  この日は第二回目となる「白山白川郷ウルトラマラソン」が開催されました。今年も石川県側からスタートし、白山スーパー林道を抜け岐阜県白川郷を回ってまた石川県側に戻るという100kmコース(展示館前でスタートから約25km)、白川郷がゴールの50kmコース(同約15km)に加え、5kmのチャレンジコースも加わり全部で3コースでレースが展開されました。5kmでも気の遠くなる私にとっては走る人達はただただ尊敬。なんと優勝者は地元の方で、8時間ちょっとのタイムだったとか。
 記録にチャレンジする人、とにかく楽しもうという人、色んな方がいて応援していたこちら側も楽しかったです。出場された方、関係者の皆さまお疲れ様でした。

ウルトラマラソン_その一
思い思いのファッションで

ウルトラマラソン_その二
展示館前は給水所でした

ウルトラマラソン_その三
メイドさん?

ウルトラマラソン_その四
まだみなさん余裕がありそうです

ウルトラマラソン_その五
女性ランナーも大勢いました

ウルトラマラソン_その六
イカさんも頑張っています(笑)

ウルトラマラソン_その七
白山市長も応援されていました

ウルトラマラソン_その八
某猫キャラクター?と後ろに巫女さん(笑)

ウルトラマラソン_その九
そしてこの方が今年の優勝者。
違う・・何かが違う。しかもこれは復路。
すでに80km以上走っているはずなのにこの走り。すごい・・。

ウルトラマラソン_その十
最後はさわやかに登場!どこかで見覚えのある方(笑)
市ノ瀬ビジターセンターのYさんご夫妻ではありませんか。
さすが2年目。余裕の表情です(本人曰く去年より30分は早いとか)。
でも後ろから数えてい~ち、に~・・嘘です(笑)お疲れ様でした。

ページの先頭へ戻る

平成26年9月23日(火曜日) 絶景カフェ

   白山スーパー林道では、9月限定キャンペーンとして土日祝日に蛇谷園地駐車場にて「絶景カフェ」をオープンしていました。なんと地元の「白山きりまんじゃろ」コーヒーを1杯プレゼント!(1台につき1杯、先着200台)。そしてこの日はさらに下に降りた姥ヶ滝周辺で色々と催しが・・。足湯、温泉たまご、マッサージ、ハンモックなどなど・・。日光浴に森林浴、マイナスイオンとそこはまさに癒しの空間でした。
 キャンペーンは残念ながら9月のみでしたが、またぜひこういったスーパー林道を楽しめる企画があるといいですね!そしてその時はみなさんぜひスーパー林道にお越しください(*^_^*)

姥ヶ滝イベント_その一
緑を眺めながらの1杯はまた格別です!

姥ヶ滝イベント_その二
天然のお湯で温泉たまご(滝のそばではかなり熱めのお湯が湧き出ています)

姥ヶ滝イベント_その三
緑の下でハンモックに揺られる・・なんて贅沢!

ページの先頭へ戻る

 平成26年9月26日(金曜日) 秋を堪能~サルその二~

  このところ毎日のようにサルたちの姿を見かけるようになりました。サルたちにとってこれからは、食べ物が豊富になるまさに“食欲の秋”。この日はすぐ裏の栗の木に登って秋を堪能(?)していました。

サル_その四
「美味いような、そうでないような・・・」

サル_その五
ご馳走見い~つけた♪
こちらを気にしつつも栗に夢中

サル_その六
いっただきま~す!

ページの先頭へ戻る

 平成26年9月28日(日曜日) ビヨ~ン

 朝駐車場の周りを見ていたらビヨ~ンとそれはありました。かなり綺麗な状態で、しかも脱ぎたて(?)のような臭さ(笑)。全長110cmのシマヘビの抜けがらでした。

抜けがら_その一

抜けがら_その二
目の跡までクッキリ

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?