• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成26年9月1日~9月15日

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

中宮展示館  自然情報  平成26年9月1日~9月15日

平成26年9月15日 (月曜日) 9月1日~9月15日に観察された植物

開花

ヤマハギ、クサボタン、オトコエシ、ツルニンジン、ツルリンドウ、アシ、ネナシカズラ、ミツバベンケイソウ、カラスノゴマ、オニルリソウ、ツルボ、オクモミジハグマ、フジアザミ、ミョウガ、キツリフネ、カワラハハコ、ウメバチソウ、ダイモンジソウ、アキギリ、トモエシオガマ、タムラソウ、ヌスビトハギ、ミズヒキ、キンミズヒキ、サラシナショウマ、ツリフネソウ、サワアザミ、ハクサンアザミ、アカソ、イノコズチ、ゲンノショウコ、カタバミ、ツユクサ、ミズタマソウ、ヤマニガナ、アメリカセンダングサ、ヤブマメ、ミヤマイラクサ、アキノキリンソウ、ススキ、ノブキ、カワミドリ、ノササゲ、ナギナタコウジュ、クズ、クサギ、オニドコロ、ヤクシソウ、ムカゴイラクサ、ミヤマホツツジ、アキノギンリョウソウ、ナンテンハギ、ウドなど

観察された動物

哺乳類 ニホンザル、アナグマ、タヌキ、キツネ、ツキノワグマ、ヒメネズミ、イノシシ
鳥類 イヌワシ、ミサゴ、トビ、エナガ、ゴジュウカラ、ホオジロ、キセキレイ、セグロセキレイ、ヤマガラ、ヒヨドリ、アカゲラ、シジュウカラ、アオゲラ、ヤマゲラ、オオルリ、ヤマドリ(幼)、ハシブトガラス、ドラミングの音など
爬虫類

カナヘビ、ヤマカガシ(幼)

両生類 モリアオガエル(幼)、
昆虫

コクワガタ、キアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、ミドリヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン、アサギマダラ、スミナガシ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、サカハチチョウ、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ダイミョウセセリ、オオチャバネセセリ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、コミスジ、ホシミスジ、ツバメシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、オニヤンマ、アキアカネ、ハグロトンボ、ルリボシカミキリ、センチコガネ、キマワリ、フキバッタ、キリギリス、カンタン、ヤママユ、ミンミンゼミ(鳴)、ツクツクボウシ(鳴)、アブラゼミ(鳴)など

その他 サワガニ

ページの先頭へ戻る

花暦

オニルリソウ
オニルリソウ(平成26年9月6日)

トモエシオガマ
トモエシオガマ(平成26年9月8日)

アキノギンリョウソウ
アキノギンリョウソウ(平成26年9月10日)

 フジアザミ
フジアザミ(平成26年9月11日)

ツルリンドウ
ツルリンドウ(平成26年9月11日)

ウメバチソウ
ウメバチソウ(平成26年9月15日)

カワラハハコ
カワラハハコ(平成26年9月15日)

キツリフネ
キツリフネ(平成26年9月15日)

 

ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

オオチャバネセセリ
オオチャバネセセリ(平成26年9月8日)

イチモンジセセリ
イチモンジセセリ(平成26年9月9日)

アオゲラ
アオゲラ(平成26年9月9日)

 キアゲハ
キアゲハ(平成26年9月9日)

ヤマカガシ
ヤマカガシ(幼)(平成26年9月10日)

 カンタン
カンタン(平成26年9月13日)

 

  ページの先頭へ戻る  

平成26年9月1日(月曜日) 産卵  

  この時期になると展示館周辺の側溝や川ではオニヤンマの産卵が頻繁に見られるようになります。この日も数匹が産卵していました。何気に羽音や産卵の時の音は迫力があってびっくりします。

オニヤンマ産卵
飛翔しながら何度も何度も水に腹の先を打ちつけるように産卵します

ページの先頭へ戻る

平成26年9月8日(月曜日) その一  珍客

 この日お客様から、道路にうずくまっていたと珍客?が持ち込まれました。箱の中を覗くとするどい眼光が・・。ヤマドリの幼鳥でした。何かに襲われたのかジッと動かずにいましたが怪我はなさそう。しばらくそっとしていたら元気になってきたので、裏の観察路に放しました。
  ※今回はすぐに放せそうでしたのでお預かりしましたが、野鳥は見つけても拾ったりせずそのままにしておいてくださいね(展示館でもどうする事も出来ません)。例え傷付いていたり、ヒナであったとしても可哀想ですが生きていけないことがほとんどです。それが自然界です。また野鳥を捕まえたり、飼育することは法律で禁止されています。もし万が一保護してしまった場合は、必ずご自身で各都道府県の野生鳥獣担当機関などに連絡をし、指示を仰いでください。

ヤマドリ
オスのヤマドリでした

ページの先頭へ戻る

平成26年9月8日(月曜日) その二  久々に

 この日は久しぶりにイヌワシのつがいを確認することが出来ました。また、後日遊びに来られたお客様より、この近くでイヌワシの若鳥がいたとの情報が。。。イヌワシは数が減ってきており、かつ中々繁殖が難しい鳥と言われているのでこれは嬉しい情報。もしここのつがいの子ならば・・いつか猿が浄土を3羽で飛ぶ姿が見られるかも。いや、きっといつか飛んでくれると信じている(笑)

イヌワシつがい


ページの先頭へ戻る

平成26年9月11日(木曜日) 館内見学

 展示館では毎年、年間を通して県内の小学校を中心に多くの生徒さん達が見学に来てくれます。この日は地元の小学校の子達が館内を見学に来てくれました。石川の自然のこと、少しでも興味を持ち、学んでもらえたら嬉しいです。

館内見学_その一
ミヤマクワガタとハイポーズ

館内見学_その二

ページの先頭へ戻る

平成26年9月12日(金曜日) 珍しく

 いつもは比較的朝や夕方に姿を見せることが多いサルたちが、お昼に移動をしておりました。頻繁にサル達の姿が見られるようになると、もうすぐ実りの秋がやってくるのかなという感じがします。会える機会も多くなるので、ぜひ遊びにきてみてね。あ、見かけても近づいたりエサをあげたりしないでくださいね。近づくと逃げてしまうので、車の中から見るほうが実は近くで見られるんです。

サル_その一 

サル_その二

ページの先頭へ戻る


ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?