• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成26年8月16日~8月31日

ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

中宮展示館  自然情報  平成26年8月16日~8月31日

平成26年8月31日 (日曜日)  8月16日~8月31日に観察

観察された植物

開花

クサギ、ミズヒキ、キンミズヒキ、ツリフネソウ、ミズタマソウ、モミジガサ、アキノキリンソウ、ヌスビトハギ、ツユクサ、オトコエシ、ゲンノショウコ、ハクサンアザミ、アカソ、ミヤマイラクサ、ヤマニガナ、ノブキ、アカネ、ヒヨドリバナ、ムカゴイラクサ、ウド、カタバミ、クサボタン、ハンゴンソウ、オトギリソウ、コナスビ、チヂミザサ、ヨメナ、クズ、ボタンヅル、ネナシカズラ、カワミドリ、ススキ、コシオガマ、オクモミジハグマ、サンインヒキオコシ、ツルリンドウ、イノコズチ、ヤマトウバナ、ツルボ、ホツツジ、イタドリ、ヤマハギ、ナンテンハギ、ヌルデ、ツルニンジン、ツリフネソウなど

観察された動物

哺乳類 ニホンザル、ツキノワグマ、ヒメネズミ、キクガシラコウモリの仲間
鳥類 ホオジロ、キセキレイ、ヤマガラ、ハシブトガラス、キジバト、オオルリ、トビ、ヒヨドリ、イヌワシなど
爬虫類

カナヘビ、ニホントカゲ、アオダイショウ(幼)

両生類 アズマヒキガエル
昆虫 カブトムシ、アカアシクワガタ、ミヤマクワガタ、コクワガタ、オオチャイロハナムグリ、コアオハナムグリ、アゲハ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、キアゲハ、ルリタテハ、エルタテハ、アカタテハ、ミドリヒョウモン、アサギマダラ、ヤマキマダラヒカゲ、コミスジ、アサマイチモンジ、ホシミスジ、サカハチチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、コジャノメ、ウラギンシジミ、ルリシジミ、キマワリ、センチコガネ、オニヤンマ、アキアカネ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、タカネトンボ、ミヤマカワトンボ、フキバッタ、キリギリス、ウシアブ、イヨシロオビアブ、ミンミンゼミ、ヒグラシ(鳴)、アブラゼミ(鳴)、イカリモンガなど
その他 サワガニ

ページの先頭へ戻る  

花暦

ツリフネソウ
ツリフネソウ(平成26年8月20日)

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ(平成26年8月21日)

ハクサンアザミ
ハクサンアザミ(平成26年8月24日)

 ツルニンジン
ツルニンジン(平成26年8月25日)

ツルボ
ツルボ(平成26年8月25日)

コシオガマ
コシオガマ(平成26年8月26日)


  ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

ホシミスジ
ホシミスジ(平成26年8月20日)

ウラギンシジミ
ウラギンシジミ(平成26年8月20日)

タカネトンボ
タカネトンボ(平成26年8月25日)

コアオハナムグリ 
コアオハナムグリ(平成26年8月25日)


  ページの先頭へ戻る  

平成26年8月18日(月曜日) 仲良し

  先月から観察し始めたヒメネズミ。2匹は毎日カップの中で寄り添っているので、見ていると本当に可愛らしくて癒されます(*^_^*)

ヒメネズミ_一

エサのヒマワリの種を一生懸命食べています。
まず端をきれいにかじってから上手に殻を割り、中身を食べます。

ヒメネズミ_ニ

このカップがお気に入り

ヒメネズミ_三
日中はほとんど寝ています。・・半目で見られている(?)


ページの先頭へ戻る

平成26年8月19日(火曜日) 自然の芸術?

  この日駐車場を見回りしていると地面になにやら模様がいくつもありました。よ~く見ると砂(土?)が葉っぱの形になっているではないですか。土曜日、日曜日は台風の影響でここも少し雨風が強かったのですが、それと関係あるのでしょうか。 どうやって作られたんだろう。不思議な自然の芸術ですね。

自然アート_その一
葉の形をそのまま写したようで面白い。

自然アート

こちらはよく見ると葉脈まで綺麗に跡になっています。

ページの先頭へ戻る

平成26年8月23日(土曜日) ある日森の中・・

  この日ガイドウォークに参加頂いたご夫婦とガイドさんが観察路を周っていたところ、木に登りかけのクマを発見!鳴いていたのですぐに引き返してきました。クマは人の声ですぐに逃げて行きましたが、付近にクマ棚もありこれは要注意。当面の間観察路へ行く際は、複数人での行動もしくはクマ避けの鈴の携帯をお願い致します(展示館で鈴を貸し出しています)。各自十分注意して頂きますようお願い致します。
  ガイドウォークに関しましては今のところ先に見回りを実施し、ガイドさんが十分注意をしながら行う予定ですが、もし再度見かけたりした場合は、相談の上、中止もしくは途中で引き返す場合もありますので、何卒ご了承のほどお願い致します。

 クマ棚_その一

発見されたクマ棚
クマは実のなった枝を折り、実を食べたあと残った枝を自分の体の下
に敷いたり重ねていったりします。そうして出来たものが『クマ棚』です。
これがクマのいた形跡となるので、山に行かれる際はクマ棚がないか
注意するのもクマと会わないための大事なサインですね。

クマ棚_その二
クマに折られた枝(まだ新しいようでした)

ページの先頭へ戻る

平成26年8月24日(月曜日) 無事羽化

  先月幼虫から蛹になる様子を観察していたカブトムシ(参照:コチラ)が無事羽化できました。何度土に埋めても出てきてしまい、結局そのまま蛹になったのでちょっと心配だったのですが大丈夫だったようです。よかった、よかった。観察していた蛹は27日までに3個体とも無事羽化しました。

カブトムシ_羽化
明け方に羽化したのか、出勤時にはだいぶ羽が茶色くなっていました

ページの先頭へ戻る

平成26年8月25日(月曜日) 姿を見かけたので・・

  実は7月に展示館の近くの山でオオルリの巣を偶然発見。しかも既に卵が3つあったので、密かに観察をしていました。野鳥は少しでも危険を感じると巣を放棄してしまったりするので、無事巣立つまでは・・とあまり周囲に知らさずに静かに見守っていたのですが、7月下旬に無事巣立ちました。
 今回は公にせずに記録だけ・・と思っていたのですが、この日近くに行った時に木に止まっているオオルリの幼鳥を3羽発見。無事な姿を見かける事が出来ホッとしたので、折角なので成長記録を載せてみました。(巣立った3羽という確証はありませんが、絶対そうだと信じています。いや、信じたい(笑))

オオルリ_卵
親鳥はいなかったのですが、なんだろうと覗いた巣に卵が3個(7月上旬)

オオルリ_ヒナ
ヒナの姿を確認(7月中旬)

オオルリ_オス
親鳥のオス。奥にヒナが見えます(7月下旬)

オオルリ_メス
親鳥のメス(7月下旬) ※親鳥写真協力:Y様

オオルリ_幼鳥一
幼鳥(8月25日)

オオルリ_幼鳥二
幼鳥2羽。上の子の近くにいました(8月25日)

 ページの先頭へ戻る

平成26年8月27日(水曜日) 海外からのお客様

 この日はフィリピンより若手研究者の方が、日本の里山里海の様子などを学ぶ一環として来館されました。展示館では昔の山の出作り小屋での生活についての説明を一生懸命聞いて下さいました。この方はおよそ10日ほどの間に白山から能登までを回られるとのこと。ぜひまた機会があればお寄り頂けると嬉しいです。

研究者_その一
展示館内にある昔の学校の教室でお話を聞かれました

研究者_その二
先生、貫禄ありますね(笑)
※実は少し足が痛かっただけなんです

ページの先頭へ戻る

平成26年8月29日(金曜日) 少しふっくら?

 この日展示館前でしばらく休んでいたサルたちですが、子ザルが少しずつ大きくなっているのが分かり成長したな~とちょっぴり親気分・・(p_-)こころなしかふっくらしたような感じでしたが、毛のせいなのかな?

サル親子_その一
親子で何をみているんだろう

サル親子_その二
子ザルの手足がしっかりしてきている気がします

ページの先頭へ戻る

平成26年8月30日(土曜日) ガイドウォーク

 8月最後の週末に静岡から来て頂いたご夫婦がガイドウォークに参加してくれました。新しいクマ棚も見られ、少し緊張の中自然を楽しまれていました。

ガイドウォーク

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?