• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > 中宮展示館 > 中宮展示館  自然情報  平成26年7月16日~7月31日

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

中宮展示館  自然情報  平成26年7月16日~7月31日

平成26年7月31日 (木曜日) 7月16日~7月31日に観察

観察された植物

開花

オオバギボウシ、タカトウダイ、モミジガサ、タケニグサ、ウバユリ、ヒメジョオン、ヤブコウジ、エゾアジサイ、ヨツバヒヨドリ、ドクダミ、ソバナ、オニグルミ(実)、マムシグサ(実)、ケナシヤブデマリ(実)、ムラサキシキブ(実)、オニドコロ、キツネノボタン、ダイコンソウ、ハンゴンソウ、アカソ、ホタルサイコ、ミヤマイラクサ、コナスビ、カラマツソウ、クズ、リョウブ、など

観察された動物

哺乳類 ニホンザル
鳥類 ホオジロ、ヒヨドリ、イヌワシ、キセキレイ、トビ、キジバト、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、ヒガラ、キビタキ、エナガ、メジロ、ハシブトガラス、アカショウビン、トラツグミ、イカル、イワツバメ、ウグイス(鳴)、ホトトギス(鳴)、オオルリ(鳴)、アオバト(鳴)、センダイムシクイ(鳴)、ドラミングの音など
爬虫類

アオダイショウ、カナヘビ、ニホントカゲ

両生類 カジカガエル、モリアオガエル、アズマヒキガエル
昆虫 モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、サカハチチョウ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、シータテハ、エルタテハ、アカタテハ、ルリタテハ、ヒオドシチョウ、イチモンジチョウ、コムラサキ、オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、ホシミスジ、ヤマキマダラヒカゲ、ヒメシジミ、ツバメシジミ、ウラナミシジミ、ウラナミアカシジミ、ウラミスジシジミ、オナガシジミ、ヤマトシジミ、キバネセセリ、ヘリグロチャバネセセリ、カブトムシ、コクワガタ、ミヤマクワガタ、スジクワガタ、カナブン、アオカナブン、オニヤンマ、アキアカネ、ヒグラシ、キイロスズメバチ、ノコギリカミキリ、キマワリ、キリギリス、ウシアブ、イヨシロオビアブ、オバボタル、マイマイガ、ホソアシナガバチなど
その他 サワガニ

ページの先頭へ戻る  

花暦

タカトウダイ
タカトウダイ(平成26年7月17日)

オオバギボウシ
オオバギボウシ(平成26年7月18日)

ソバナ
ソバナ(平成26年7月27日)

ハンゴンソウ 
ハンゴンソウ(平成26年7月28日)

  ページの先頭へ戻る  

蛇谷のいきものたち

ツバメシジミ
ツバメシジミ(平成26年7月16日)

ウラナミシジミ
ウラナミシジミ(平成26年7月20日)

オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン(平成26年7月22日)

アカアシクワガタ
アカアシクワガタ(平成26年7月23日)

アオカナブン
アオカナブン(平成26年7月23日)

ウラミスジシジミ 
ウラミスジシジミ(平成26年7月27日)

オナガシジミ
オナガシジミ(平成26年7月27日)

ホシミスジ 
ホシミスジ(平成26年7月28日)

ページの先頭へ戻る  

平成26年7月16日(水曜日) ニョロニョロ

  展示館前を歩いていたら何やら視線を感じた。ふと見ると大きなアオダイショウがニョロニョロ。「こっちを見るな。こっちに来るな。」と思っていたら方向転換してくれました。うん、良い子だ。しばらく観察していたら、以前シマヘビがいた場所に入っていってしまいました。シマヘビはその後出たのかどうかは分からない・・。もしまだシマヘビが居て、そこにこの子が入っていったらどっちが勝つんだろう。そんな事を思ってしばらく待ってみましたがどっちも出てきませんでした。う~む。もしや意外に仲良く同居できるのかも?

アオダイショウ_その一
パイプに隠れているつもりでしょうか・・

アオダイショウ_その二
シマヘビのいた場所へ。この穴の先が気になる。

ページの先頭へ戻る

平成26年7月18日(金曜日) 羽化!

  先月から様子を観察していたスジグロシロチョウが羽化しました。しかし朝来た時にはすでに羽化していました。しばらくじっと動かずに止まっていましたが、羽ばたき始めたので外に放しました。

スジグロシロチョウ羽化

ページの先頭へ戻る

平成26年7月18日(金曜日) 頑張った!

  この日は藤蔭幼稚園のみんなが観察路を散策に来てくれました。サワガニやミミズ、クルミや木の実を見つけては手作りのカゴに入れて観察していました。みんな元気いっぱい!散策は楽しめたかな?

藤蔭幼稚園

アズマヒキガエル
同じ日にこんな子も見られました(アズマヒキガエル)

ページの先頭へ戻る

平成26年7月20日(日曜日) いい気持ち~♪

  連休中は沢山の家族連れの方が蛇谷川で川遊びをする風景が見られました。天然の水の冷たさに子供も大人も関係なく楽しんでいて気持ち良さそうでした。

川遊び_その一
「こんなの見つけたよ~」

川遊び_その二
冷たくて気持ちいい~!(7月21日) 

ページの先頭へ戻る

平成26年7月23日(水曜日) 久々に・・  

  天気がいい日、前の山が騒がしいなと思っていたら、蛇谷川を上流に向かってサル達が久しぶりに大移動。子ザルは母ザルが休むと離れて遊ぶほどに成長していました。子ザルだけでも沢山確認できました。川沿いを移動するのはやはりサル達も暑かったんでしょうか。

サル_その一
子ザルはお友達同士かな?

 サル_その二
何をしているんだろう・・。子ザルの大きさからみても親ではなさそうですが。

サル_その三
子ザルを乗せて颯爽と川を渡ります。

ページの先頭へ戻る

平成26年7月28日(月曜日) そっくり?!

  観察路を歩いていたらこんな昆虫に出会いました。姿形はカマキリそっくり!でも大きさは全然違う。これはカマキリモドキの仲間。カマキリに見えて実はウスバカゲロウの仲間なんです。

 カマキリモドキ

じっとしていると本当にカマキリみたい

 ページの先頭へ戻る

平成26年7月28日(月曜日) カブトムシが蛹化!

先月から展示館でカブトムシの幼虫を観察していましたが、その幼虫が次々と蛹化。この子は何度土の中に入れてもすぐ外に出てきてしまい心配していましたが、何とか蛹になってくれました。蛹化の様子を観察できてよかったのですが、無事羽化するまでは心配なのでそっとしておきたいと思います。

カブトムシ_蛹化
幼虫の背中が割れて蛹化開始(9時39分)

カブトムシ蛹化_その二
出てきた時はまだツノが短いです。これにはビックリ。(9時42分)

カブトムシ蛹化_その三
だいぶ脱げてきました。同時にツノも少しずつ伸びてきます。(9時44分)

カブトムシ蛹化_その四
夕方には茶色くなって落ち着いていました(15時40分)

ほんの少しですが動画は→コチラ

動画を見るにはWindowsMediaPlayerが必要です

ページの先頭へ戻る

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?