• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > ようこそ知事室へ > 知事のホームページ - 知事の発言集 - 記者会見の要旨 > 平成29年度知事記者会見:平成29年度9月補正予算について > 知事記者会見(平成29年度9月補正予算) - 平成29年9月4日 - 7.加賀海浜産業道路の未着工区間(白山市小川町~川北町橘)のルート検討

ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

知事記者会見(平成29年度9月補正予算) - 平成29年9月4日 - 7.加賀海浜産業道路の未着工区間(白山市小川町~川北町橘)のルート検討

◎主な施策

  7.加賀海浜産業道路の未着工区間(白山市小川町~川北町橘)のルート検討

  加賀海浜産業道路の未着手区間(白山市小川町~川北町橘)のルート検討でありますが、手取川架橋区間の事業促進を図っていかなければなりませんし、ルートが決まっていなかった白山市小川町から川北町橘間約6kmについては、地元の方々のご意見も踏まえまして、今般、大まかなルートを定めたところであります。

  今年度中の都市計画決定を目指して、詳細なルート決定に向けた調査費を今回計上することにいたしました。

○のと里山海道・加賀海浜産業道路の整備

 のと里山海道・加賀海浜産業道路の整備

(パネル「のと里山海道・加賀海浜産業道路の整備」)

  この徳光から小川間は、昨年の12月にもう供用しています。ここの手取川架橋については工事が今始まっております。残るは橘と小川町間のルートが決まっていなかった。地元の皆さん方のご意見もお聞きしながらおおよそのルート、ここから松本、ここには工業団地がありますから、松本交差点まで伸ばす、そこからこちらまでシフトさせる。

  こういうルートをおおよそのルートとして固めたということで、この詳細調査を9月補正で行って、このルートができあがってくれれば、南加賀地域と金沢港を結ぶ新たな道路網が整備されるということになるわけですから、加賀地域の企業立地にとっては大きな追い風になります。

  最近の製造業、企業は港がないところには立地しない。作った製品のほとんどは海外に輸送するという、国内市場は今ほとんどありませんから、そのためには港が不可欠ということになりますので、港と直結するこの道路が整備されることによって、南加賀地域に新たな企業の立地を促すということになってくる。それがある意味では雇用の場につながってくるということであります。

 

 

●目次に戻る ●前に戻る ●次へ進む

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?