• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > ようこそ知事室へ > 知事のホームページ - 知事の発言集 - 記者会見の要旨 > 平成29年度知事記者会見:平成29年度9月補正予算について > 知事記者会見(平成29年度9月補正予算) - 平成29年9月4日 - 3.東京国立近代美術館工芸館の移転整備

ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

知事記者会見(平成29年度9月補正予算) - 平成29年9月4日 - 3.東京国立近代美術館工芸館の移転整備

◎主な施策

  3.東京国立近代美術館工芸館の移転整備

   次に東京国立近代美術館工芸館の移転整備であります。

東京国立近代美術館工芸館の移転整備(1)

東京国立近代美術館工芸館の移転整備

(パネル「東京国立近代美術館工芸館の移転整備(1)」で説明)

  この移転整備につきましては、当初予算で実施設計を進めてまいりましたが、概ねその内容が固まりましたことから、いよいよ建物本体の整備にステージを移し、建設工事に着手をするということにいたしました。

  新たな建物は、旧陸軍の第九師団司令部庁舎及び金沢偕行社を移築・活用して整備することとしておりまして、延べ床面積は2,700平方メートルということになります。

   これは正面から見たところですね。左が歴史博物館側。右が県立美術館側ということになります。これが旧第九師団の司令部庁舎、これはもう全部復原をするということですね。今の司令部庁舎は両翼をちょんぎっているわけでありますが、その部分も全部付け足す。それから、これは金沢偕行社。これも後ろの構造の部分は今ちょんぎってありますけど、それを全部復原、明治時代にあった庁舎を100%復原するという形でこういうふうに並べまして、ここは階段状になっていますので、非常に出入りがしにくいので、この真ん中に出入口を設けてここから行けるようにですね。だいたいそういう形で設計がまとまりました。

○東京国立近代美術館工芸館の移転(2)

東京国立近代美術館工芸館の移転整備2

(パネル「東京国立近代美術館工芸館の移転整備(2)」で説明)

  建物内部については、正面から向かって左側、第九師団司令部庁舎のこのオレンジ色の部分が作品の展示エリアになってまいります。

 

  現在の東京の工芸館に比べ面積が約1割増えるということになります。展示区画も東京は2区画しかありませんけれども、われわれは3区画に拡充することで、これで常設展や企画展に柔軟に対応できることになるわけです。

  ここから入って、ここが展示区画第1、2階が第2・第3と3つにですね、展示室が分かれましたので、東京にある工芸館よりも色んな展示がしやすくなる、こんな状況になるわけであります。

  それから、前面のピンク色の部分については、多くの皆さん方が集い賑わう場となるフリーエリアとして、体験イベントなどに活用できる多目的スペースを新たに設けますほか、図書ライブラリーの拡充でありますとか、ミュージアムショップの専用スペースの確保など、来館者向けサービスを充実させるということにいたしております。1階のここは職員が仕事をする場所になるわけであります。

  そして、右側の偕行社の緑色部分ですね、これはバックヤードエリアとして収蔵スペースを現状のスペースから約2割増やしますほか、トラックヤードを新設しまして、移転作品の保存・管理体制の強化を図るということにいたします。だから、これは2階建てだけど、この収蔵スペースは地下1階と、1階と2階と、中3階ということになりますから、実は4階建てみたいな格好になるわけですね。外観は2階建てだけど、中を4つに仕切ることによって、事実上4階建ての収蔵スペースということになるわけであります。

  一方、先月末、運営主体となる独立行政法人国立美術館から、「移転に係る基本コンセプト」が示されました。

  本県に立地する施設の正式名称は、現在の工芸館の名称であります「東京国立近代美術館工芸館」とし、地元の要望を踏まえた通称を付すこととされました。

  なお、東京にある現在の工芸館には新たな名称を付すことにされておりまして、政府関係機関の地方移転の趣旨が明確になったと考えております。

  また、本県に移転する作品については、かねてから本県の要望に沿って、美術工芸作品のうち、7割、約1,900点以上を移転することが示され、工芸王国石川にふさわしい作品が移転してくることを期待しております。

  このほか、館長相当職については、設置する方向で検討されるとのことであり、率直に評価をしたい、このように思います。

  今後とも、日本海側初の国立美術館にふさわしい施設となるように、国等との協議を重ねまして、東京オリンピック・パラリンピック開催時期の開館を目指し、準備を着実に進めていきたいと考えております。

 

●目次に戻る ●前に戻る ●次へ進む

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?