• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 県政情報・統計 > ようこそ知事室へ > 知事のホームページ - 知事の発言集 - 記者会見の要旨 > 知事記者会見(平成29年度9月補正予算) - 平成29年9月4日 - 2.ものづくり産業と連携した新たな発想による農林水産業の収益力向上

ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

知事記者会見(平成29年度9月補正予算) - 平成29年9月4日 - 2.ものづくり産業と連携した新たな発想による農林水産業の収益力向上

◎主な施策

  2.ものづくり産業と連携した新たな発想による農林水産業の収益力向上

   次は、農林水産業であります。

   農林水産業においても、「ものづくり産業の集積」という本県の強みを活かして、製造業のノウハウを導入した新たな発想により、石川型の収益向上モデルづくりに取り組んでまいりました。

  このうち、コマツと連携して、直播栽培と多機能ブルドーザを組み合わせ、米の生産コストを4割削減する、こういう取り組みについては、全国に先駆けて米の低コスト化を達成したことが高く評価されまして、革新的な農業技術の確立を目指す国の研究実証事業に、建設機械を活用した事業としては全国で初めて採択をされました。

  そこで、取り組みのステージを一段引き上げまして、作業条件が異なる県内各地域での大規模実証や、麦・大豆など転作作物にも、この多機能ブルドーザを活用するための技術開発を行いまして、研究成果の生産現場への普及に向けた取り組みをスタートさせるということにいたしました。

  また、林業では、戦後植林された人工林が成熟期を迎える一方、木材価格の低迷によりまして、伐採コストの削減が急務になっておりますことから、コマツと連携し、これまで人力で行ってきた森林資源量の調査にドローンを活用することなど、低コスト化の研究を進めてまいりました。

  今回、県内全ての森林組合での現地実証において、ドローン活用による成果を確認できましたことから、各森林組合において、今後、本格的にドローン導入を進めていくため、ドローンの操縦技術者の養成に着手するということにいたしたところであります。

 

 

●目次に戻る ●前に戻る ●次へ進む

お問い合わせ

所属課:総務部秘書課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1221

ファクス番号:076-225-1222

Email:hisyo2@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?