• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年9月28日

火災、地震、洪水、大雪のときは 

火災のときは

容器バルブを閉め、消防職員に容器の位置を知らせて後の処置を頼み、販売店に連絡してください。

容器の栓を閉める 

地震のときは

  • あわてず、ガス栓、器具栓を閉め、火を全部消してください。
  • 容器バルブを閉めてください。(右へ回すと閉まります。)
  • 容器が倒れたりしないようチェーン、ロープなどで固定しておいてください。
  • 大きな地震の後は、必ず販売店の点検を受けてから使用してください。

洪水のときは

  • 容器バルブを閉めてください。
  • LPガス設備が水をかぶったときは、販売店の点検を受けてから使用してくだい。  

大雪のときは

  • 雪に容器が埋まったり屋根からの落雪で配管、ガスメータ等がこわれることがありますので、容器小屋や雪囲いを設けましょう。
    また、容器の周囲は除雪をしてください。
  • 雪おろしをする場合、LPガス設備に損傷を与えないよう十分注意してください。また、屋根雪の落下により排気筒(煙突)がこわれないように取り付け場所を工夫したり、丈夫な支柱を立てましょう。

~災害後、ガスを使用するときは必ず販売店の点検を受けてください。~

 

 

お問い合わせ

所属課:危機管理監室消防保安課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1481

ファクス番号:076-225-1484

Email:e170700@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?