• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年9月28日

LPガスの性質は?

LPガスとは

LPガスとは、英語のLiquefied Petroleum Gasの頭文字をとったもので、日本語では、「液化石油ガス」といいます。家庭用に供給されているLPガスは主成分がプロパン(化学式でC3H8)なので、一般に「プロパンガス」と呼ばれています。

 

LPガスの性質

空気より重い

気化したLPガスは空気の約1.5倍の重さがあります。そのため、もれると低いところや、ものかげにたまるおそれがあります。このことは事故を防ぐために最も注意しておかなければならない点です。

ニオイがつけてあります

もともとLPガスは無色無臭です。しかし、空気中にガスがもれた場合すぐわかるように、1000倍の空気で薄められても感知できる玉ねぎがくさったようなニオイをつけてあります。

気化しやすい

普通の状態では気体ですが、容器(ボンベとも言います)の中には圧力をかけて液体の状態ではいっています。容器のバルブを開くと気化し、液体の体積の約250倍にふくれ上がります。

LPガスの燃焼範囲

LPガスが燃える範囲(燃焼範囲ともいいます。)は、空気中に2.1%から9.5%のLPガスが混入した場合です。他のガスより低い濃度で燃焼範囲に入るため、少量のもれにも注意する必要があります。

ガス名

LPガス

都市ガス

水素

アセチレン

燃焼範囲(%)

2.1~9.5

5.0~40.0

4.0~75.0

2.5~81.0

 

 

お問い合わせ

所属課:危機管理監室消防保安課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1481

ファクス番号:076-225-1484

Email:e170700@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?